Bendik og Årolilja

a0086828_2355974.jpg


オスロ特派員の 麻樹さんのブログを覗いていたら

Bendik og Årolilja と言う 古いノルウェーのバラードの紹介がありました。

ベンディクと言う若者と オーロリリャ姫の 悲恋の詩(うた)です。

ドイツ語やイタリア語の歌と違って 耳にする事はあまりないと思うので

古いノルウェー語の響きを 少し聞いて下さい。

Bukkene Bruse の Bendik og Årolilja

(挿絵はバラードの内容とあまり関係がないです)

こちらは 古い楽器付き。 琴と一七弦の様な響きも ♪

詩は4行の詩節で Årolilja, kvi søve du so lengje? のリフレインが付きます。

40以上の違うバージョンがあるそうですが 参考に少しだけ歌詞を入れておきます^^

♪ Bendik og Årolilja ♪

Bendik rid åt Sølando
Ville han skoda møy,
Han var kje lagje te atte koma,
Difor so laut han døy
- Årolilja, kvi søve du so lengje?

Om dagjen rid Bendik i skogjen ut,
og veider den ville hjort
om notti vitjar han jomfruva
med åst og elskogs-ord.
- Årolilja, kvi søve du so lengje?

Inn kjem kongjens smådreng
Seie han tidend ifrå
Bendik trør Gullbrautine
Foruta kongjens råd
- Årolilja, kvi søve du so lengje?

Olavkyrkja i Trondheim
Ho er tekte med bly.
Bendik sko inkje livi njote
om ho var tri gongjer ny!
- Årolilja, kvi søve du so lengje?

英語の翻訳です。

♪ Bendik And Årolilja ♪

Bendik rides to Sølando,
Where he was going to see the maid,
He was not planning to return,
Therefore he faked his death...
- Årolilja, why do you sleep so long?

At daylight, Bendik rides into the woods,
And hunts the wise deer,
At night, he visits the virgin
With love and devotion.
- Årolilja, why do you sleep so long?

In come the king's servants,
They warn him,
Bendik steps over the line
In spite of the king's advice.
- Årolilja, why do you sleep so long?

The Olavschurch in Trondheim
Is covered with steel.
Bendik's life is not to be saved
And there's no way to stop it!
- Årolilja, why do you sleep so long?

ベンディクは王の宮廷で オーロリリャ姫と会って恋に落ちます。

王は許さず ベンディクを処刑、オーロリリャは 悲嘆の余り死・・・


Bendik la dei norda kyrkja
Og Årolilja sunna,
Det voks opp av deires grefti
Tvo fagre liljerunnar.

教会の北にベンデック、南にオーロリリャ姫は埋葬され

そこから2本の百合の木が生えて 一つになりましたとさ。



もっと詳しくご覧になりたかったら こちらの ブログ をどうぞ(英語です)

この歌の 現代バージョン もあります。


a0086828_333951.jpg



a0086828_334444.jpg


[PR]
by weierud | 2010-09-19 03:35 | Norway | Comments(10)
Commented by きなこ at 2010-09-19 05:20 x
優しい歌声に物悲しいメロディー。
耳に心地よい歌ですね。
リフレインのところ、「kvi」が何なのかな~と思いまいたが、後は分かりました。
他の部分は分かるところと全く分からないところが・・・(^^ゞ
ノルウェー語は、文字で見ているより、音にしてみた方が想像がつき易いです。

現代バージョンは、また全く雰囲気が違いますね~(@_@;)
ロック調も悪くないけれど、やっぱり古いものの方が私は好きです(^u^)
Commented by しょこらろーず at 2010-09-19 06:31 x
悲恋の曲なんですね。
厳かに伝わってきます。
ベンデックとオーロリリャ姫は
二本の百合の木になりますが
その後王様は楽しく暮せたのでしょうか。
悲恋だからこそ
美しく後世に伝わるのでしょうけれど。

ノルウェー語さっぱりわからないのですが
感情が入りますか?
響きも良いです。
話す事できたら
楽しいでしょうね。




Commented by non at 2010-09-19 08:47 x
加代子さ~ん

素敵なノルウエーの音楽のご紹介
ありがとうございます。
楽器つきのバージョンが 楽しかったです~
弦の響きは マンドリンのトレモロみたいです

もの悲しいけれど 心に残るいいメロディですね

オーロリリャ~♪のフレーズが 
頭の中で リフレインし続けています (^▽^)V
Commented by 加代子 at 2010-09-19 15:55 x

  きなこさん~☆

昔のバラードは単純だけど素敵な曲が多いですよね♪
書き言葉のノルウェー語は デンマーク語には近いけど
スウェーデン語とは かなり違いますものねェ。
主人に聞いてもらっても 分からない所が多かったです。
最も文学が専門じゃないですが・・・
kvi は現代だったら hvorforとか jo forになる筈ですが全然違うわァ^^;

現代バージョン、面白いけど 私も昔の方が好きです^^
Commented by 加代子 at 2010-09-19 16:04 x

  しょこらろーずさん~☆

そうなんです、悲恋の詩。
もの悲しい響きがしますよね。
召使の告げ口でベンディクは捕まえられたそうです。
処刑の後、姫が死んで 王妃が王に
「貴方の娘は死んでしまって(義理の)息子ももう出来ませんよ・・・」
って責めたらしいですから 後悔したでしょうねェ。

私はノルウェー語、39年前に3ヶ月しか習ってないので
殆ど忘れてます。(忘れる量も余りないですが^^;)
でも英語と違う響きには 惹かれますね。
Commented by 加代子 at 2010-09-19 16:10 x

  nonさん~☆

私も古楽器が入ってるバージョンが好きなんですが
最初のは 歌詞が良く聴こえるでしょう?
それで一番に紹介しました。
トレモロのは ツィターに似たdulcimerって楽器みたいですよ。
音楽全体が邦楽にも似て素敵だなァと思いました。
リフレーンは憶えやすいですよね♪
Commented by タマヤン at 2010-09-19 19:04 x
こんばんは
ノルウェーの心に沁みる楽曲を楽しく聴きました♪
哀愁漂う旋律はだれにも受け入れられるでしょうね
最初の男性の歌いかたは好感が持てます(^^♪
楽器のもいいですね♪
途中から女性の歌が入ってさらに魅力を増してます
とにかくいいものを聴かせてもらいました

↓ジャパン・レール・パスってお得ですね!!
尾鷲から東京往復で約3万円ですわ
のぞみが乗れないようですが上手く乗り継げればいいですね
落葉が見られるようになりましたか(@_@)
今日は八幡神社の祭礼でしたが秋祭りというより夏祭りでした
Commented by 加代子 at 2010-09-19 21:23 x

  タマヤンさん~☆

有難うございます^^
ノルウェー語の歌って余り聞かれませんものねェ。
グリーグの有名な歌でもドイツ語が多いし・・・
私も女性の歌が入ったのは好きです。
もっと録音がきれいだったら はっきり聴けて良かったのに。

日本円が高くても 手数料を取られてもレールパスは得です^^
尾鷲からだとそんなにするのですか!高いですねェ。
そちらはまだ暑いのですか? 秋祭りが夏祭り??
今年は急に冬が来るのでしょうか・・・
Commented by Apfel at 2010-09-20 16:09 x
おはようございます♪
私はノルウェー語はよくわかりませんが、
とても心にしみいる歌詞と、曲ですね〜。
楽器の音色もとてもエモーショナルで、
独特の世界に引き込まれてしまいますね!
しばしのんびりと、聴き入らせていただきました。
私も現代版よりも、古典的な方が好みです。
ステキな曲のご紹介、ありがとうございます。
Commented by 加代子 at 2010-09-20 17:04 x

  Apfelさん~☆

最初のは昔の吟遊詩人が歌うような感じなんでしょうか、
単調だけど物悲しくて 中々良いですよね。
楽器入りのは 私も少し東洋的で好きです。
聴いて下さって有難うございます。


<< Divonne Japan Rail Pass >>