Bærums Verk


もう 9月も終り近くで 夏の里帰り記事は 少々恐縮なのですが

オスロ近くの森に コケモモを採りに行った帰り Bærums Verk に寄りました。


a0086828_0165698.jpg



a0086828_0172729.jpg


ここは17世紀の初頭、製鉄所があった所です。

敷地には ショッピング・センターの他に 昔の教会を利用した ガラス工場や

職人の住居だった長屋が お土産品のブティックになっています。

所々に こんなのも^^


a0086828_0354266.jpg



a0086828_0414067.jpg



a0086828_0231265.jpg


ブティックにあった古いストーヴも ここで作られた物です。

同じような写真ですが Photo Album に入れてます。 宜しかったら覗いて下さい。

  

[PR]
by weierud | 2011-09-22 00:43 | Norway | Comments(8)
Commented by Yoko at 2011-09-23 06:25 x
加代子さん、こんにちは。ご無沙汰しております。Bærums Verkの存在を初めて知りました。元製鉄に特化したコミュニティだったということでとても興味深く拝見しています。昔の製鉄というと蹉跌と材木、それから動力源としての水力や冷却水が大切だと思うのですが丘や山があったり大きな川が流れているのでしょうか。マスクをもった女性の銅像、左手がまるで水の流れのようなドレスの中にすっとはいってとても不思議というか神秘的な雰囲気の銅像ですね。豚さんの銅像もカワイイです。
Commented by Yoko at 2011-09-23 06:26 x
何度もすみません。photo albumを拝見したかったのですがリンクをクリックしてもうまく飛びませんでした。すみません、加代子さんのほうでも確認していただけないでしょうか。
Commented by 加代子 at 2011-09-23 15:10 x

  Yokoさん~☆

日本から戻られたのですね。
お疲れでしょうに コメント有難うございます。
Bærums Verkは ご覧のように背後に森と山があって
木材は豊富ですし 敷地に川が流れています。
マスクの女性像は 面白ですよね。
Photo Albumに飛びませんでしたか?
https://picasaweb.google.com/kayoko.weierud/BRumsVerk#slideshow/5654701695087376226
上記なんですが・・・・
Commented by 加代子 at 2011-09-23 21:58 x

  Yokoさん~☆

picasawebが前と変わったようで 設定しなおしました。
今度は開くと思います。
Commented by mama at 2011-09-23 23:02 x
加代子さん こんばんわ
長屋と言ってもおしゃれですね コテージのようです
この豚さんは アルバムの方が好きです 背景も私には興味深いからかな~
お面をつけている女性??? 何かを象徴しているの?? 
このストーブは 触ると熱いのよね?? 点けなくてもインテリアになりますね
Commented by 加代子 at 2011-09-24 00:15 x

  mamaさん~☆

ノルウェーらしく木作りの小さなお家が並んでいました。
普通お面は 劇場とかお芝居の象徴なので
お面の女性は 多分、何かを演じてるのだと思います。
ストーヴは実際に使っているのかどうかは夏場だったので
分かりませんが 煙突もあるので 今でも使えるのでしょうね。
火が入ると 触ると熱いわァ。 
Commented by Yoko at 2011-09-24 02:49 x
加代子さん、フォトアルバム拝見しました!森と川に囲まれたとっても素敵なところですね!あちこちに置かれたアートもユーモアが感じられて楽しいですね。私なぜか籐であんだかごが大好きなのでアルバムの中のフタができる籠がとっても丈夫そうでかわいくてほしいなあって思ってしまいました。。。(もう籠ならあるでしょと怒られるでしょうけれど。。。)
Commented by 加代子 at 2011-09-24 03:26 x

  Yokoさん~☆

アルバムを開くのに お手数お掛けして すみませんでした。
製鉄所の跡なのに 意外と綺麗な所でした。
長屋のブティックは 素敵なアクセサリーや小物が沢山売っていました。
でもお値段がどれも高くって 目の保養だけしました。
籠も色々な種類があって こちらも見るだけで楽しかったです。


<< オスロの1日 秋 >>