手続き

a0086828_46670.jpg


a0086828_464092.jpg


またまた墓場の写真で恐縮です・・・

前に写したので 今は雪がもっと少なくなっています。

このお墓は 小鳥好きの人だったのか 小鳥の水飲みになっています。

珍しいので パチリ♪

 
★   ★   ★


木曜日の午後、正式署名に 不動産事務所に行って来ました。

売り手の御夫婦と 全部の書類にイニシャルと 最後のページに署名しました。

フランスでは 第三者のノテと言われる登記所でするのですが

ノルウェーは 最初に不動産屋で 次に役所に書類が行くらしいです。

売ってくれたのは うちの長女と同年輩のご夫婦。

お子さんが3人いて 新しい家は 上の息子さんの学校に近いらしいです。

ご主人は 希望売値価格より高く売れると 期待していたらしいですが

入札したのは うちだけなので 仕方ないです。

どうして 来る人が少なかったのかと 聞いてみたら・・・

国道が近いので煩いと思って 敬遠する人が多いせいかも との事。

でも この分譲地は 本当に静かで

前に見た国道の 反対側の家 とは 全然違いました。

主人と私は 去年、一時売りに出ていたこの家の偵察に行った事があります。

秋でしたが 周りは静かでした。

買った時、ライバルが居なくて 助かりましたが

次に私達が売ろうと思っても 買い手は中々見つからないかも(笑)

[PR]
by weierud | 2013-03-08 04:35 | Norway | Comments(12)
Commented by liz at 2013-03-08 05:12 x
無事に手続きも済んだようでよかったですね。
そういえば私たちも書類全部にイニシャルのサインしたな、と思い出しました。形式だけとはいえ結構な量だから案外煩わしいですよね(笑)。

小鳥のお墓、何だかステキですね。氷が溶ける季節には本物の鳥たちも水が飲めるように、との故人の優しさを感じます。

早速加代子さんのブログ、リンクさせていただきました!改めてこれからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by Mari at 2013-03-08 05:30 x
決まってよかったですね! お疲れさまでした。
除雪もちゃんと家の前まで、これ大事です~ 

こういうお墓、いいですね。 
自分はお墓は要らないな~とは思っていますが
こんな可愛い(?)のなら作ってもらってもいいかも?
Commented by 加代子 at 2013-03-08 05:32 x

  lizさん~☆

そうなんです、これで引渡しの6月末に支払いをしたら
入居出来ます。
フランスの家を売った時は 書類が沢山あったので
イニシャルを書くだけでも 大変でしたが
ノルウェーのは書類の数が少なかったです。

小鳥の水飲み場のつくりのお墓は初めてみました。
ここの墓場は広いので 色々あって興味津々です。

こちらこそ 宜しくお願いしますね。
ジュネーヴ周辺のフランスの様子、懐かしく見ています。
Commented by 加代子 at 2013-03-08 05:35 x

  Mariさん~☆

有難うございます。 ほんと、疲れました。
6月末まで 養生します(笑)
その後は 片づけで戦場だわァ・・・・

そうなのよ、ここはオスロより雪が多い所だから
歳取っての雪かきは シンドイ。
今年のスイスは雪が多くて ご苦労様です。

お墓も色々あって 可愛いのも多いですよね。
うちは墓を作っても お参りしてくれる人は皆無に
なりそうですわ。
Commented by non at 2013-03-08 08:33 x
手続きがすんで
ようやく ほっと 一息つかれたことでしょうね。

お墓の水入れ
日本では 当たり前の構造ですが
仏教ではない西洋では 珍しいのでしょうね。
本物の小鳥さんたちも 水を飲みにくるのかな~
Commented by sahobo at 2013-03-08 08:39
こんにちは!手続き終了おめでとうございます!!
これで晴れておうちハントから解放されるんですね。
おうちハントの様子も読んでいる側としては、色々見られて楽しかったですが。
探している方は心休まらないからそんなこと、言ってられないですよね…。
お引っ越しまではまだしばらくあるのでしょうか。
また新しいご自宅まわりのお散歩の様子など、楽しみにしています。
Commented by karibu-chai at 2013-03-08 09:11
加代子さん~♪ 
心なしか…文面からほっとした雰囲気がホンワカ~。。。~と
感じてくるのは…私だけ?
お墓の写真も何だか余裕を持って見られます(笑)
本当にお疲れさまでしたね…
何かを決断する時って、人柄が出ますね…
亡くなった夫の母が、私の夫は【すなわち彼女の次男】石橋をたたく前に渡ってしまって、
後から振り返るタイプですって…10年前に起業する時もそうでした!
よく10年も続いているな~と思いますが、きっと運がいいのでしょうね。
加代子さんのご主人様はさすがですね!!

でも概して男性の物の見方は的を得て、ポイントをしっかり押さえて
いることが多いと思います。。。人にもよるでしょうけれど…
「女は子宮でモノを考えるから、大局を見過ごす・・」と誰か言ってました。
夫婦は2人で一つかも。長い年月がいい状況を作りだしていくのでしょうね。
ここまできたら、お互い仲良く支え合っていきましょう…

お疲れが出ないように・・・
Commented by 加代子 at 2013-03-08 16:01 x

  nonさん~☆

やっと家が決まったので 一安心しました。
今度は 次の借家探しです。
これは全部主人に任します(笑)

そうですね、こういう形の水入れのあるお墓は
初めて見ました。
くぼみが少し浅いので すぐ水が蒸発するようですが
夏場に鳥が水飲みに来るのか興味あります。
Commented by 加代子 at 2013-03-08 16:07 x

  sahoboさん~☆

署名に行った時、家の持ち主夫婦にもお会いしましたが
2人とも とても感じの良い美男美女カップルでした。
新しい家の進行具合が思わしくなく 心配していました。

家探しは大変でしたが オープンハウスを見に行くのは
とても楽しかったです。
出来れば また素敵な家を見に行きたいです。

ここの借家の契約は 私が思ったより長く 4月25日まで。
その後 6月24日までの新しい借家を探します。
期間が短いので 良いのがあるかどうか心配です・・・・
Commented by 加代子 at 2013-03-08 16:21 x

  karibu-chaiさん~☆

これで手続きは全部終わりました。一安心です。
そうなんですよね、 うちの主人は慎重で 友人から
良い家があっても 中々決断出来なくて 見逃すかも?
と言われたりしました。

ご主人さまはうちと反対なんですね。
起業は うちのような慎重派は とても真似が出来ません。
30年程前 ノルウェーに帰った主人の友人が起業する時
パートナーになって欲しいと言われた時もOKは出ませんでした。
友人は一応大成功。 でも主人は今はCERNの年金で満足しています。

karibu-chaiさんちは奥さまが 慎重派?
うちは2人の性格が似てるようで 全然似ていないから
2面からの見方が出来て 上手くいっているようです。

でもねぇ、女性は見たらすぐ良いか悪いか分かるのに
主人は 鈍いのよ。 書類上では欠点をすぐ指摘するのにねェ。

有難うございます。 気候も春に向かって明るくなっていて
気分も同じで 明るくなります。
借家探しは 少し余裕があるかもしれません。
Commented by hana at 2013-03-08 22:34 x
私たちが家を買ったときのことを思い出します~。
ローンの組み立て、その前に保険にも入らなきゃ、
家購入専門の弁護士さんにもいろいろな手続きをしてもらい、
ホーム・インスペクターさんにも来てもらい・・・

私たちの場合は売主さんと直接会うことは一度もなく、
うちの不動産屋さんと向こうの不動産屋さんと売主が交渉をするというやり方でした。
こちらでは買うときはそれが一般的なやり方のようです。

そしてこの売主さんがすぐに売りたいということなので、
交渉成立して、2週間くらいで全ての手続きを済ませなければならず、
毎日仕事が終わると、銀行に行ったり、弁護士さんの所に行ったり、
ちょうど仕事も忙しい時でしたし、大変でした。

でも売るほうが、多分もっと大変なのでしょうね~。
Commented by 加代子 at 2013-03-09 00:05 x

  hanaさん~☆

どこの国も似たようなものですね。
フランスの家を売った代金もあるので ローンは
必要はないのですが 税金対策に少し
借りることにしました。 この歳で15年ローンよ(笑)
でも銀行は25年でも良いのですって・・・それまで生きている??

売主さんが家にいたのは 珍しいみたいです。
長女と同じ世代。 気さくなご主人と美人の奥さん。

家のチェックは大事ですし ダメージがあった時の
保険も売り手,買い手 両方必要なようです。
勿論売り手の方の掛け金の方が ずんと高いです。
書類を見たら 35000クローナほど。これ掛け捨てなんでしょうね。

ノルウェーは家を売る時に 立派なパンフレットを作るので
それにもかなりのお金が掛るそうです。
フランスでは そんな事はなかったので有難かったです。


<< 滞在許可 家 >>