ボダム


ケンブリッジ滞在中、次女の友人から教えてもらった

お茶屋さんに行って来ました。

その名も First Class Teas (笑)
(英語)

金髪瑠璃眼の おに~さんが店番 ^^

そこで 味見に入れてもらった アーモンド・ティーと

ヴァニラ・ティーが 気に入ったので お土産に買って来ました。

それぞれポットに入れて サーヴィスしてくれたのですが

主人はポットが気に入って こちらで購入しました^^


a0086828_2223185.jpg


元々はデンマークの親族会社で ボダム と言います。

本社がスイスにあるとかで 隣町ですぐに買えました。

形もすっきりシンプルで良いのは勿論ですが 主人の気に入った

一番の理由は・・・・会社の名前でした。

ノルウェー語で BO は LIVE と同じく 暮らしとか生き方。
DUM は STUPID  になるんです。

お馬鹿な暮らし !?

デンマーク語も ノルウェー語も 殆ど同じなのですが

ボダムは 創立者の姓だそうで・・・・


★  ★  ★


庭のサクランボが 赤くなりました ♪

今年は ちょっぴりしか無いので 網をかけてます。

クロウタドリの大好物なので 食べられてしまうのです・・・


a0086828_2351189.jpg



a0086828_2355019.jpg


もう少し赤くなったら 食べごろです ♪

[PR]
by weierud | 2007-06-13 02:48 | Etc. | Comments(26)
Commented by Yoko at 2007-06-13 05:30 x
加代子さん、こんにちは!すでに十分赤いように見えるピカピカのさくらんぼですが食べごろまでもう少しなのですか?ボダムさんの会社のお話とっても興味深いです。ノルウェー語の解釈もおもしろいですね!ご主人が買われたポット、私も形が気に入っていつかのクリスマスプレゼントで彼にあげたもので今も使ってます。注ぎ方にコツがあってガサツな私はいつもちょっとこぼしてしまうのですが、フォルムも中の茶漉し部分が気に入ってます♪
Commented by 徒然草mmee at 2007-06-13 09:25 x
ご主人と加代子さん、ご夫婦で過ごされる ティタイムが楽しみなことでしょう。
創立者の ボダムさん。姓名にもそんな訳が あるのですか?でも ”お馬鹿な暮らし”とは これまたユニークな!!

みずみずしいさくらんぼ。
フランスでも 動物の被害があるのですか?

日本の田舎では、”イノシシ””サル””タヌキ”など、美味しい 野菜物は 食べられてしまいます。
Commented by ☆SAKURA at 2007-06-13 13:19 x
☆SAKURAは珈琲より紅茶党なので、イギリスではどっさり紅茶
買ってきました。
さくらんぼ・食べごろですね!!
とっても美味しそう♪
こちらでは高級品の「佐藤錦」が泥棒に盗まれるという被害が毎年出ていますよ。

ラベンダーもう咲いているのですね。
こちらは富良野が有名で☆SAKURAも夏には何度も行っていますが
お庭で収穫してドライになんて羨ましいかぎりです。
Commented by 加代子 at 2007-06-13 15:05 x

  Yokoさん~☆

2本あるサクランボの内 早咲きのは今年、実を付けませんでした・・・こちらの方の木は 赤と言うより赤黒くなった方が美味しいのよ。
私もポット、気にいっています。ガラスなのにとっても軽いし 冷えにくいので嬉しいです。 今のところ主人がこれを使ってお茶をいれてくれるので私は まだ使ってないです^^;
Commented by 加代子 at 2007-06-13 15:21 x

  徒然草さん~☆

いつも夜の9時頃がお茶の時間なのです。この時は主人がお茶を入れてくれます。 クッキー類を摘むので あまり良くはないのですが 長年の習慣でして・・・止められません(笑)

ど~なんでしょう、デンマーク語では少し違うのかも?
商品の名前では良くっても 自分の姓がお馬鹿なんて ちょっと嫌ですねぇ・・・

動物の被害と言っても 鳥が突つく程度なので 沢山実のなるお家では 網なんかかけていません。 人間が頂いて 残りは鳥に!って感じですよ。
イノシシは近くに居る様ですが 被害はあまり聞きません。数が少ないのでしょうね。
Commented by 加代子 at 2007-06-13 15:29 x

  SAKURAさん~☆

英国でお茶を頂くと お水のせいか フランスで飲むのより ぐ~んと美味しいです。 今回 硬水用のお茶も買って来ました。 お手軽なティーバッグですがポットに入れて出します。
うちはコーヒーも好きなので 昼食後はエスプレッソを毎回頂いてます。週末の朝と昼は 普通のコーヒーです♪

日本はサクランボが高すぎるので 泥棒の被害に会うのでしょうねェ・・・それにしても誰が盗むのやら・・・

ラベンダーは増えるので 時々始末に困ります。
花を咲かせて実が出来ると 収穫して匂い袋等 作ります。
英国の娘にも持たせましたが 長女は英国のラベンダーと香りが違うって言います。種類によって色々あるのでしょうね。
Commented by タマヤン at 2007-06-13 20:57 x
私も夫婦でのほほんと馬鹿な暮らしをしてみたいです♪
加代子さんはクッキーと紅茶なんですね
私はコーヒー時に必ずクッキーをつまんでます
なんか飲み物だけだともの足りないですよね(笑)
サクランボ美味しそうじゃないですか!!
Commented by tonta03 at 2007-06-13 22:22
ちわ~
大粒で もう食べごろ?
我家の千島桜の実とは 大違い
大きくて 艶があって 美味しそう
私の使っているプログ重くて 迷惑掛けています(笑)
Commented by 加代子 at 2007-06-13 22:44 x

  タマヤンさん~☆

うちも 脳天気に馬鹿みたいな生活をしてる様な??
のほほんと笑って暮らせれば良いですね^^

そうなんです お茶の時間はちょっぴり甘い物が無いと 物足らないです。子供が居なくなってケーキもクッキーも滅多に焼かないので 丁度良いのを探すのが苦労です。

こちらは新しいサクランボの木で いつもはそこまで美味しくはないのですが さっき味見したら とっても美味しかったです♪ 一番沢山実の付いた枝をUPしましたけど 他はあまり実が無いです・・・残念。
Commented by 加代子 at 2007-06-13 22:46 x

  tontaさん~☆

今日は雨の予報なのに晴れたから サクランボも色が良くなってます。 夕方ちょっと収穫です♪

私も同じブログです・・・・なかなか開きませんか?
写真が出にくいよね??
Commented by mama at 2007-06-13 22:52 x
こんばんわ~~
お馬鹿な暮らし ・・・・・なんて響きがイイんでしょう♪♪♪
コーヒー党ですが アーモンド・ティーとヴァニラ・ティーは 試飲してみたいなぁ~~~♪
時々 画像が×になっていますがその内 直るでしょう
うちも 時々ご不便をおかけしています(~_~;) お互い様~~
Commented by 加代子 at 2007-06-13 22:58 x

  mamaさん~☆

私もどちらかと言うとコーヒー党ですが 紅茶も捨てがたいです^^ どちらも香りが良くて 何も入れなくても ほんのり甘くて良い感じですよ♪ ネットで注文すれば送ってくれるそうですが 日本までだと送料の方が高くなりそうよね、それに香りが飛ぶかも?

14日がメンテナンスだそうです。利用者が増えると不都合も増えるのかしら??
Commented by ぐらっぱ亭( ̄ー ̄) at 2007-06-14 09:54 x
ヒャー、お庭でこんなサクランボが取れるんですか~羨ましい!それからポットのデザイン、優れています。北欧ってデザイン的に素晴らしいものばかりだから、さぞや加代子さんちはそのような品々で溢れているんでしょうね~。勝手に想像しています。
Commented by さくらんぼ at 2007-06-14 14:12 x
お肌 つやつや ぴっかぴかで
うらやましいです~ (^▽^)V

紅茶 大好きです
素敵なポットですね~
香りのないシンプルな紅茶が好きです
アッサム オレンジペコ など~
Commented by 加代子 at 2007-06-14 14:29 x

  ぐらっぱ亭さん~☆

うちの近くの家は 殆ど皆さんサクランボの木があります^^ うちは駄目だったけど お向かいさんはたわわに実っています。
北欧の物は なんでも高いのよねェ・・・貧乏性の私は その辺の安物しか買わないから・・・(笑)
Commented by 加代子 at 2007-06-14 14:39 x

  nonさん~☆

出来立てですからね^^ 昨日頂きましたが ジューシーで美味しかったです♪ 沢山出来たら ジャムを作るのが楽しみなんですが 今年はジャムはおろかキルシュ漬けも出来ません・・・

私もアッサムにダージリンが大好きです。でも普通は英国の庶民的なヨークシャーティーを頂いています。
Commented by makiko at 2007-06-14 20:04 x
こんにちは、加代子さん♪
私も紅茶、大好きです!特にアールグレイとprince of walesが。イギリスの紅茶は、ウェッジウッド、fortnum and maisonや、whittardというところのものが美味しいです~。もちろん、おなじみトワイニングスも美味しいですね!^^

bodum、日本でも大人気ですよ。シンプルでおしゃれな感じが素敵ですよね♪品川などに行くと、カフェがあります。パニーノと紅茶がいただけたりします。面白いですね、名前!!

チェリー美味しそう~~!!
Commented by mama at 2007-06-14 21:40 x
こんばんわ~
メンテナンス 無事におわったようですね(*^^)v
うちは 18日月曜日のようです また 掲示しますね
サクランボの艶 よくでましたね  やっぱ 朝の光???
Commented by 元気ばば at 2007-06-14 22:23 x
さくらんぼが本当においしそうです。
真っ赤になってつやつやしています。
ネットがチラリ見えます。苦労していますね。
Commented by 加代子 at 2007-06-15 03:49 x

  makikoさん~☆

最近アールグレイは あまり飲まなくて レディグレイのお茶を飲んでいます(笑)こちらの方が その名の通りちょっと柔らかい感じがします。whittard も美味しいですよね♪

日本は兎に角 何でもありますものね^^ カフェもこちらより洒落てると思います。 はァ~・・・・帰りたいです・・・

サクランボは少ないと思ったけど ふたりで食べる分にはたっぷり。まだ木に沢山残っています。
Commented by 加代子 at 2007-06-15 03:55 x

  mamaさん~☆

コメント有難うございます^^
写真、すんなり出るようになってますか? 待つのは嫌ですものねェ(笑) mamaさんちもメンテナンス難ですね。18日、憶えておきます。
サクランボは 仰るとおり 朝のうちに撮りました♪ 薬をかけないから 葉っぱが穴ぽこよ・・・実を採り終わったら 消毒しないと虫がいるみたい・・・
Commented by 加代子 at 2007-06-15 03:59 x

  元気さん~☆

あれからお天気なので もう少し赤が増してます^^ 今日も頂きましたよ~♪ この木の実は いつもはそんなに甘くないのですが 今年は甘~い!
新しい木なので 比較的まだ背が低いので ネットがかけられますが もう少し大きくなったら難しそうです。 近所でうちだけネットよ・・・分譲地の皆さんちは たわわに実ってるから 鳥に食べられても大丈夫の様です。
Commented by T.T at 2007-06-15 18:47 x
可愛い形のポットですね!!
私も、その場で買ってしまうと思います(笑)
最近はコーヒーも紅茶も中国茶も日本茶も色々なフレーバーが楽しめて嬉しいですよね?!

主婦って、日頃はお茶を入れる役目ばかりなので(!?)、たまには私もイケメンにサーブしてもらいたいわぁ(笑)なんて・・・。

さくらんぼ、見事ですね!!綺麗な赤!!
日本の山形産の「さとう錦」(?)は色が薄くてお高くて、めったに買いません。
今はアメリカワシントン産の真っ赤なチェリーがマーケットの果物売り場を賑わせています。もっぱら、買うのはこちらです。

自家栽培で頂けるなんてとても贅沢ですよね・・・!
Commented by 加代子 at 2007-06-15 22:09 x

  T.Tさん~☆

お茶もコーヒーもシンプルなのが一番好きなのですが たまにはフレーバーのも楽しみですよね^^
日本は女性がサーヴィスする場合が多いのですねェ・・・たまに ご主人さまにお茶を入れて貰ったら?(笑)

アメリカ産のとこちらのは似てるのでしょうね、真っ赤で大きいです。今日は雨なので サクランボの収穫はナシ・・・急に晴れると 実が割れてしまうので心配です。
Commented by ki-rin at 2007-06-15 22:51 x
こんばんは♪
真っ赤なサクランボがとっても綺麗ですね
おいしそうです~
今年はクロウタドリさんは、サクランボを見てるだけなのですね~(笑)
「お馬鹿な暮らし」ってなんとなく、気に入ってしまいました(^^)
そうですね~お馬鹿に暮らすっていいかもですね
アーモンドティーとバニラティー、どちらも甘い香りが届いてきそうです
Commented by 加代子 at 2007-06-15 23:38 x

  ki-rinさん~☆

ご近所さんのサクランボには 網がかかって無いから そちらでご馳走になれますよ^^
一日中、特に朝・夕には 綺麗な声で鳴いています。

「お馬鹿な暮らし」気に入ってもらえましたか(笑)
のんびり・ゆっくり・お馬鹿に暮らすのも 悪くないですね^^
仰る通り とっても良い香りのお茶なんですよ。買って良かったです。
(メンテナンスが終ったのに 自分のブログになかなか入れませんでした・・ki-rinさんにも迷惑掛けたのじゃないかしら?)


<< フランス・テレコム フランス気質 Ⅱ >>