Th. Kittelsen


ノルウェーの画家で テオドール・キッテルセン って御存知?

ノルウェー民話の挿絵や トロルの絵で有名な人です。


a0086828_203823.jpg



a0086828_23361386.jpg


コバルト鉱山跡の敷地に 彼の絵の展示館があるので
行って来ました。


a0086828_24368.jpg


右手の湖の 284 と数字のある辺りが 山小屋でした。

真ん中辺のkobolt-gruvene とあるのが鉱山跡です。


a0086828_264265.jpg


展示館から 写した敷地です。

館内は写真撮影禁止でしたので 残念。

北欧らしい古い木の建物で キッテルセンの絵が沢山!

本を買ったので その中から 好きなのをUPしました。

More をクリックして下さい。




a0086828_282996.jpg


a0086828_285567.jpg


a0086828_292564.jpg


a0086828_295465.jpg


テオドール・キッテルセン 

 こちらにも少し紹介されています。

キッテルセンの家

[PR]
by weierud | 2007-09-01 00:15 | Norway | Comments(18)
Commented by emilia2005 at 2007-09-01 01:20
キッテルセン、知っていますよ~。
名前からして北欧の方だなぁと思っていましたが
ノルウェー出身なのですね。
敷地内の建物が、まるでホビット村のように可愛らしいですね。
Commented by 加代子 at 2007-09-01 02:48 x

  エミリアさん~☆

さすが!
ず~っと昔、娘達に買ったノルウェーのトロルの本の挿絵は キッテルセンだったのに 私は忘れてたのよ(笑)
主人が小さい頃持ってた本の挿絵も彼だったそうで 原画を見られて嬉しそうでした。
展示してる絵は 日本的なのもあって面白かったです。

コバルト鉱山跡は 深い坑道もあって ちょっと恐かったですが、ここのブルーベリーが 一番成りが良かったです^^;
Commented by Mrs.Y at 2007-09-01 06:43 x
加代子さん♪

こんばんは~!
キッテルセン・・・・絵本の中で見たことがあるような・・・。
確かに北欧的な感じがありますよね~。
前回のコメント、本当は「加代子さんの作ったジャムをスコーンに載せて・・」って言いたかったのに、とても慌てていて、(又パソコンのご機嫌の悪くなる前にと・・)あんなコメントになってしまって、ごめんなさい~(^^;)
メールも頂いて、どうもありがとう。
Commented by non at 2007-09-01 09:11 x
>キッテルセン
お名前は 知りませんが
そういわれれば 絵本の挿絵などで 遭遇していそうな気もしますね~
アップされてるのは 絵本の挿絵でしょうか?

静かだけど ふ~っと引き込まれていきそうな絵ですね~
Commented by Yoko at 2007-09-01 16:54 x
キッテルセンのお名前、恥ずかしながらはじめて知りました。でも加代子さんのようにトロルの絵でどこかで出会っていたかもしれません♪繊細な筆遣いですね。雪や草木のタッチや、リスが木の枝をたどっていくふわふわ感がリズムになって絵から抜け出るようです。最後の絵は自然の厳しさや死のイメージも内包した幻想的な雰囲気ですね。コバルトは昔からどういったものに使われていたのでしょうか。
Commented by 加代子 at 2007-09-01 17:45 x

  Mrs.Yさん~☆

キッテルセンさんは ミュンヘンで絵の修行をしたそうですが 絵は北欧的ですよね^^

私の方がそそっかしくて・・・いつも恥ずかしい思いをしています。スコーンは時間が掛からず 簡単なので良く作るのですよ。

Yさんの綺麗な写真を見るのも楽しみなので ブログ更新して下さって とっても嬉しいです。 論文はそろそろ完成ですか?
Commented by 加代子 at 2007-09-01 17:49 x

  nonさん~☆

トロルの絵は彼の十八番ですから 何処かで見てらっしゃるよね^^ 載せた写真は 殆どが挿絵です。

キッテルセンの絵は静かな感じのが多いので とっても気に入っています。
Commented by 加代子 at 2007-09-01 17:54 x

  Yokoさん~☆

ノルウェーの画家でムンクは誰でも知ってるけど キッテルセンの知名度は低いですよね。 油絵を描かない人だったせいかも知れません。
子供の絵本の挿絵でも きっちりした筆使いでノルウェーの自然を描いてるので 好きな画家です。

コバルトは綺麗な青色で 粉末にして染料にするそうです。青のガラス製品とか 絵付けにも使ったのかしら? 近くのお土産屋さんで コバルトを使った製品を売ってるそうですが 覗いて見ませんでした。
Commented by tonta03 at 2007-09-01 18:17
ちわ~
絵本の絵で 雪がとっても 日頃の生活とかかわりがあるのが
自然と描かれているように思います
リスのジャンプで枝の雪が 滝のように落ちていく
気温の低さが 想像されますね
馬橇も懐かしいです(笑)
Commented by mama at 2007-09-01 20:58 x
こんばんわ
なんだか懐かしい気がするのは 日本画っぽいからかな??
ほんわかして 優しい気持ちになります♪
6、7枚目なんか 浮世絵みたい♪♪♪

Commented by 加代子 at 2007-09-01 23:34 x

  tontaさん~☆

北国ですから 雪は日常茶飯なんでしょうね、昔はもっと沢山降っていたみたいです。
冬の間 ノルウェーに住んだ事がありますが リスが沢山居るのよ。窓辺で餌をやるのが楽しみでした。

tontaさんちも北国だから 馬橇が懐かしいのでしょうね。小さい頃は乗ったのですか?
Commented by 加代子 at 2007-09-01 23:36 x

  mamaさん~☆

展示館の1階にもっと日本画風な絵がありました。撮影も禁止だし、画集に載ってなかったので残念です。
油絵じゃなくて アクリルで うっすら描いているので ほんわかしたムードがありますよね^^
Commented by ki-rin at 2007-09-02 09:04 x
おはようございます♪
なんだか、懐かしい感じがします
名前は知らなかったのですが、絵は見ているような・・・
2枚目の絵がなぜか惹かれます
どこかで見た気がするのですが、思い出せません
鉱山跡にあるのは何か関係があるのですか?
Commented by 加代子 at 2007-09-02 15:40 x
 
  ki-rinさん~☆

森のトロルですね^^ これは山ほど大きいけど 小さなのや 日本の河童に似たノッケンと言うトロルもいます。主人の小さい頃 それが恐かったらしくって(笑)

キッテルセンのお家が そう遠くない所にあるのですが どうして鉱山跡に展示館があるのかは 知りません。多分丁度良い古い家があったからかしら?
Commented by タマヤン at 2007-09-02 20:07 x
こんばんは
キッテルセンという名前は全く知らなかったけど
mamaさんと同様に懐かしさを感じる絵ですね♪
最後の絵はちょっと違ってますが優しさがあってどなたも
好きになるのじゃないかな~(^^♪
Commented by 加代子 at 2007-09-02 23:44 x

  タマヤンさん~☆

挿絵のトロルの絵は ちょっと気持ちの悪いのもあるし ポンチ絵みたいな風刺絵もあるけど 大部分はほんわかしたタッチです。

いつもお金が無くて苦労したみたいだし 子供の絵のコメントに 絵描きとかの芸術家にはならないで欲しい って書いてあったりするのよ。愛妻家で優しい人だったみたいです。
Commented by 久美子 at 2007-09-06 06:20 x
ホント!ステキなバカンスでしたね。キッテルセンの絵本レミーも持っていました。30×35cm位の大きいけど薄いコレクションの本、同じかしら?画家フリードリッヒの絵が好きなので彼の絵も
「子供の絵のコメントに 絵描きとかの芸術家にはならないで」とあるそうですが民話のメルヘンとファンタジーに留まった世界にも好感持てます。
ノルウェーの風土から生まれた世界なのかしら?
「愛妻家で優しい人」=Frode 御主人様みたい!
Commented by 加代子 at 2007-09-07 04:36 x

  久美子さん~☆

コメント有難う!ごめんなさいね、見落としてました。

レミ君もキッテルセンの絵本を持ってたのね^^ うちのは童話に挿絵の付いてる本なのよ。こっちも薄い本です。
森が鬱蒼としてる国だから トロルの伝説も生まれたのでしょうね・・・日本の河童に似たノッケンってトロルも居るのは やっぱり水の豊富な国ならでは です。
うちの主人ですか? 久美子さんちもそうじゃない!


<< Th.Kittelsen のお家 ベリー摘み >>