訛り


うちの主人はノルウェー人で 英語を喋ると 強い北欧訛りがあります。

娘達が 電話で主人と話した後は その訛りが移るらしく

友人に 不思議がられるそうです(笑)



今回 ケンブリッジに行った時には 何と!フランス人に間違えられました。

別に フランスの物や 本を持っていた訳ではないのに 不思議です。

一人は パブのポーランド人のおに~さん。

飲み物と食事をオーダーしに言ったら 即 言われたそうです。

もう一人は 旧フランス植民地出身らしい レジの女性。

主人と 一言・二言 喋っていて フランス人かと聞かれていました^^;

フランス語圏に住んで長いですからねェ・・・・

ナイーヴだった北欧人の主人も 長年の外国暮らしで 

段々 仏蘭西式・要領や ズ~ズ~しさ?を会得してる様です(笑)





ケンブリッジにあった こちらでは あまり見かけない建物です。




a0086828_022827.jpg



a0086828_033621.jpg





a0086828_08120.jpg


昔の 穀物取引場 今は 劇場になっています。

[PR]
by weierud | 2008-01-31 00:09 | Family | Comments(12)
Commented by juju3291 at 2008-01-31 00:48
ノルウェー人のご主人と日本人の加代子さんが結婚して、どうしてフランスに住んでいるの?
島国日本の私にはわかりません。
娘さんはケンブリッジでしょう。

   ★元気ばば★
Commented by 加代子 at 2008-01-31 15:42 x

  元気さん~☆

結婚後、ノルウェーに一年弱暮らしていました。
当時はお給料が少なかったので 丁度ジュネーヴのCERNが
エンジニアを募集してたので そこに応募した訳です。
でも 今は全般的にノルウェーの方が賃金が良いのよねぇ・・・
始めはスイスに住んでいましたが 不動産の安いフランスに
越して来たのですよ^^
娘達は英語で教育を受けたので〔インターナショナル・スクール)
二人とも大学は英国になりました。
Commented by non at 2008-01-31 18:34 x
加代子さんも ノルウェーに住まれていたことがあるのですね~
ご主人と知り合われたのも ノルウェーですか?

今神戸で ムンク展を開催しています。
かなり強烈な個性の作品が多いので
行こうかどうしようか 迷ってますが~

お嬢様たちは
フランス語も 普通に話せるのですか?
Commented by 徒然草 at 2008-01-31 18:57 x
こんばんは。

数か国語 喋れるなんて最高ですね。 ご家族羨ましい!!

外国語 訛りがあるのは当然ですよね。
外国の方が 日本語喋るのに 片言のように聞こえますから。
日本人が 英語話しても同じに聞こえるでしょうね。

ご主人 周りから、フランスの方と思われたのはお上手なのでしょうね。
Commented by 加代子 at 2008-01-31 19:50 x

  nonさん~☆

中学・高校時代 海外文通が流行った時期があったのですが
主人とは高校から文通で 足掛け6年続いた友達でした^^

ムンクは比較的穏やかな作風のもありますが
ちょっと暗くて 病的なのも多いですからねェ・・・
オスロに住んでる頃 ムンク美術館には行きました。

長女も次女も フランス語は普通に話せていましたが
今は二人とも英国に長いし、さて ど~でしょう?
でも こちらに帰って来て 暫くすると取り戻す様です。
Commented by 加代子 at 2008-01-31 19:54 x
 
  徒然草さん~☆

ほんと、私も羨ましいです。
長年フランス語圏に住んでますが 全然喋れません。
主人が一番喋れる言葉が多いです(発音は下手ですが)
フランス語も然りで 不自由はしない様ですが 外国人のフランス語です。
最近は 流暢に日本語を喋る外国の方が増えましたよね。
Commented by タマヤン at 2008-01-31 22:48 x
こんばんわ♪
レンガ積みなのか堅牢そうな建物ですね!!
白い窓で幾分かは柔らかな感じになってるようですが・・・
クラシックな建物シリーズはいつまで続くかな?
面白い建物の登場を待ってますよ
Commented by 加代子 at 2008-02-01 01:29 x

  タマヤンさん~☆

私の住んでる アン県、ペイ・ド・ジェックスで 
レンガの建物を見つけるのは とっても難しいです。
古い家や建物は 殆ど石作りです。
う~ん、ケンブリッジでは 大学にチャペル群・・・・
面白い建物って??
Commented by モナカ at 2008-02-01 22:23 x
奇遇~☆
夫もフランス人 (時にはドイツ人) と間違えられたりするんですよ。
本人は心外だ! という顔をしてます。
がそんな時、 娘達は転げ回って笑ってます~!

加代子さんは文通を通してお友達になってご結婚に至ったんですね?
ご結婚前にはいちどはお会いに~?
70年代初期だとまだご家族の反対なんてあったんじゃないでしょうか・・

私?
私はもう年をとってたオールドミスですから~(笑)
それでも母は失望・落胆したと思います。
いつも親不孝してるんですよ・・・。
Commented by 加代子 at 2008-02-01 22:32 x

  モナカさん~☆

主人はドイツ人には よく間違われるのですが フランス人は初めてでして。
モナカさんのご主人もなんですねェ・・・・

結婚は’71年ですが その前の70年に会いに行きました。
文通が長いので 母も経過?を知っていて 大賛成されましたよ^^
今から思うに うちの母はちょっぴり変わった人でして・・・
最も 日本じゃ貰い手が無いと思ったのかも(笑)

モナカさんちは反対? 
でも今は優しいご主人に綺麗なお嬢様たちが居るし
お母さまも満足なさってるのでは?
Commented by grappa-tei at 2008-02-02 12:28
喋り方って移りますねー。ちょっと一緒にいるだけで、敏感な人はアクセントやイントネーションが似てくるのは珍しくありませんね。フランス人と間違えられるなら、お嬢さんも寧ろ嬉しいでしょう。北欧人、ドイツ人、オランダ人、イタリア人、スペイン人の喋る英語って、大体聞き分けられます。勿論インド人、日本人もね。電車の中で聞こえてくる外国語に耳を澄ませて何国人か見当をつけるの、結構楽しいですよ。
Commented by 加代子 at 2008-02-02 18:43 x

  ぐらっぱ亭さん~☆

うちの長女は 子供の頃からオウムちゃんって言われたくらい
人の喋り方が移るんですよ・・・
うちはアンチ・フレンチ(笑)あまり喜ばないと思います。
インドの方の英語って特殊ですよね。


<< 着物 コレジオ >>