4月


4月になって 今年・初めの芝生を刈った後 下の枯れ草を 掃除しました。

春と秋、2度の大掃除ですが いつも沢山の枯れ草が溜まります。

すっきりした芝生になりました ♪



a0086828_2312860.jpg


こんな電動の器械を使っての掃除です。

少し音が大きいので 前は手でやってましたが 疲れるので もう限度(笑)


a0086828_2351178.jpg



a0086828_2363633.jpg


今年は水仙が残ってるのに 八重桜も 梨も 林檎の花も咲いてます。





いつもコメントを下さる きなこさんのブログを読んで・・・

私も 4月になると 思い出す詩があるんです。

高校の教科書に 抜粋が載ってた と記憶してますが

どちらも 最初の一行のインパクトが強いから 忘れないのですねェ。

T.S.エリオットの「荒地」から。

The Burial of the Dead

April is the cruelest month, breeding
Lilacs out of the dead land, mixing
Memory and desire, stirring
Dull roots with spring rain.
Winter kept us warm, covering
Earth in forgetful snow, feeding
A little life with dried tubers.

全文と 訳をご覧になりたい方は ここ をクリックして下さい。




庭のライラックが咲き出しました。 まだ蕾が多いです。



a0086828_23542380.jpg




a0086828_2355240.jpg

[PR]
by weierud | 2009-04-24 23:56 | Home | Comments(22)
Commented by loccitane39 at 2009-04-25 01:36
なんて素敵な建物でしょう~♪
木々と、、芝生と、、お花と、、
・・白壁と屋根と・・山小屋風に木材がタップリ使われていて、、
加代子さ~ん、、、私のため息・・聞こえますかぁ?

梶井基次郎の「桜の樹の下に・・・・」を思い出しました。。
Commented by moo at 2009-04-25 04:09 x
こんにちは〜。空気は冷たいけど、いい天気になってきましたね(^^)
うちのアパートも、芝の手入れが入るようになりました。
すぐにタンポポでいっぱいになるんですけどね(^^;;
お庭があるのはすごく羨ましいですが、お手入れが大変そうですね。
Commented by きなこ at 2009-04-25 08:02 x
春というのは、生命について考えさせられる季節なのでしょうね。
T.S.エリオットのこの詩の最初の部分と、私が引用したカーリン・ボイエの詩、
かなり共通点があるように思います。
(文中リンクありがとうございます ^ ^)
素晴らしい詩は、読む人の心にずっしりと響いてくるようです。
こちらはライラックが咲き始めましたね~。
スウェーデンは、多分5月後半だろうと思うので、
やっぱりこちらは1ヶ月ほど季節が早いです(*^_^*)
Commented by ハピネス at 2009-04-25 10:09 x
素敵な庭ぁ~
あこがれちゃいます・・・
芝生の上のちらちら見える白いものは
桜の花びらですね・・・
加代子さまのところの桜の花びらは
風情です

詩・・・・
教養のなさが露呈しました
なんにも出てこないです・・・
Commented by HARUママ♪ at 2009-04-25 14:41 x
『まだあげそめし まえがみの りんごのもとに みえしとき~』
が、この季節になると思いだします^^;リンゴの花を見れる機会は
ないのですが、とっても素敵な詩だなぁって思いながら高校生の時
思って暗唱できるようになりました
加代子さんの思い出の詩、きっと色々な背景を知らないと深く理解
できないんでしょうね…(T_T)私には読解力が単にないだけなの
かもしれませんが

加代子さんのお家といい、お庭といい、なんだかとっても雰囲気が
素敵♪
芝刈り機の写真で、木の根元にリスのお花!
可愛いなぁ、素敵だなぁって思います(^-^)

ライラックもキレイですねー!!
でも、こんなに美しく芝生と保とうすると管理が大変でしょうね((+_+))
Commented by Yoko at 2009-04-25 17:05 x
加代子さん、こんにちは。T.S.エリオット、大学時代に学んだかな、というお恥ずかしい記憶です。とても印象深い詩のご紹介ありがとうございます。一般的なイメージとして春には明るい生命の息吹や躍動、冬は孤独、死であるところを違う見方をするのはさすがエリオット。全文をみるとところどころドイツ語が入っていますね。 Starnbergersee のsee そのものが湖なのでシュタルンベルガー湖でよいと思いますがやはり訳を拝見したほうが理解がしやすくよいリンクをありがとうございました。Hofgartenはバイエルンの湖が出てくるくらいですからミュンヘンのHofgartenでしょうか!想像力をかきたてられます。
Commented by タマヤン at 2009-04-25 20:14 x
いつ見てもゴルフの練習に最適な芝ですね!!♪
最近20ヤード位のアプローチが不調なのでこんな庭が欲しいな
電動の機械は刈った芝を集めるものですか?
若葉の季節はいいですね(^^♪
ライラックのマクロ写真は紫陽花に似てますね
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:17 x

  loccitane39さん~☆

家は山小屋風で 外側は木を使ってますが
コンクリート・ブロックなんですよ^^;
本当の山小屋を建てたかったのですが コミューン内では
市街地って言う事で許可が出ませんでした。
外側の木はペンキ塗りが大変です・・・・
バルコニーの手摺りも古くなって今年取替えの予定です。
「桜の樹の下に・・・」は少しグロテスクな詩ですよね^^;
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:19 x

  mooさん~☆

そよ風が気持ち良い季節ですよね^^
朝はまだ冷たいけど 段々暖かくなってます。
タンポポの種はもう飛んでいて うちの庭にも
彼方此方に芽が出てます。
これからの季節、雑草取りに追われます・・・
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:22 x

  きなこさん~☆

きなこさんの想い出の詩は ステキですよね♪
こちらは ちと変わった詩でして・・・・
難解なので良く分かってなかったけど 高校時代に見て(文字通り)
ヒャ~ッ!何でェ・・・・?と思った記憶があります。
北欧と比べると ず~んと南ですから ライラックも
早いですよね。
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:28 x

  ハピネスさん~☆

広々していて気持ちが良い庭なんですが
芝生が所々剥げてます(キノコの所為)
白いのはサクランボの花弁です。
遠く右側に見えてるうちのチビ桜は 葉桜になってます。

詩は私も見ただけで じっくり読んだ事も研究した事もありません。
専攻は英文じゃなかったし・・・
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:32 x

  HARUママさん~☆

暗唱出来る詩があるって ステキですね♪
長~い詩は苦手。かろうじて暗唱出来るのは
簡単な短歌くらいです。

近所に猫が多いので リスはあまり訪ねて来ません。
それで せめて置物だけでもと 置いてます。
芝生は・・・良く見ると 穴ポコだらけなのよ・・・
雑草はせっせと抜いてるので 目立ちませんが。
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:39 x

  Yokoさん~☆

英文の詩は 良さが全然分からないのですよ・・・・
韻とかは解説を読んだりして理解しても イマイチ
ピンと来なくって・・・・
音読しても発音が悪いので 日本の短歌みたいにはいきません(笑)
特に現代詩は 難しいですねェ。
Commented by 加代子 at 2009-04-25 22:44 x

  タマヤンさん~☆

お隣さんがいるから ゴルフの練習は無理ですよォ~・・・
広いからプールを作るのには最適と思いますが(笑)
芝生を刈る機械は刈り取ったのを溜めてくれるので
後始末はしなくて大丈夫です。
こちらは 古い枯れ草を取るんです。
釘みたいなのが付いた筒が回転して取る仕組みになってます。
新緑がとっても綺麗ですよね。
お花も沢山咲いてますし 良い季節です♪
ライラックはそう言えば似てますね。
香りもかなり強いです。
Commented by ティミ at 2009-04-27 00:06 x
お庭のお掃除ごくろうさまですー。ライラックがもう咲いたんですね。
加代子さんの所はオスロより1か月先を行っているお花暦のような気がします。
とっても素敵なお家。ベランダの作り方、こちらでもスイス風家屋っていう
建て方じゃないかなと思いました。
Commented by 加代子 at 2009-04-27 00:35 x

  ティミアンさん~☆

疲れましたが もう一度枯れ草を掃除したらお終いです。
後は雑草取りに明け暮れます。
ティミアンさんちも春に向けて庭仕事でしたね^^

うちの家は山小屋風で 中も小さいです。
フランスのオート・サヴォア地方の典型的な家です。
スイスがお隣だから スイス風だわよね^^;
Commented by grappa-tei at 2009-04-27 09:04
加代子さんの生活ぶりを見ていると、ほんとに「素晴らしき哉、人生」ってーとこですかね。ほんとに広いお庭、手入れ、大変でしょうけど、適度に運動になるし。そしてポエム、更にはライラック。日本に住んでいる者には夢のような世界です。
Commented by 加代子 at 2009-04-27 14:44 x

  ぐらっぱ亭さん~☆

そうですねェ・・・・今の生活に不満はありませんが
ここはサーヴィス等、あって無きが如しだし 何とも不便。
日本は自分の国なので勝手が良く分かるし 何と言っても便利です。
でも欲をいっても限が無いですから 今の生活を楽しんでいます。
ゆったり静かに暮らせるのが ここでは一番かも知れません。
Commented by mama at 2009-04-27 22:07 x
こんばんわ~~
隣の芝生は 青い♪♪ってね
見せて頂くぶんには とっても素敵~~ 広さと美しさに憧れますが
キノコが モコモコ生えて来たり・・・お手入れが大変なんですね
ここでも自転車の練習が出来るでしょう?? 芝生が痛んじゃう?
Commented by 加代子 at 2009-04-28 00:12 x

  mamaさん~☆

キノコが生えたら もう芝生はお終いなのよォ・・・
ボコボコして土を変えないと駄目です。
手入れはあまりしないけど 雑草取りは頻繁にしてます。
それでも 生えてくるのよねェ・・・・
去年の秋と冬に自転車の練習をしました。
春になって芝生を見ても 全然痛んでませんでした♪
Commented by nashiriko at 2009-04-30 21:56 x
わぁ・・・いっぺんに癒されました。加代子様ってば、なんて素敵なところにお住まいなのでしょう・・・。絵本の中の世界じゃないですかっ!!!
自然の中で暮らすと、心も磨かれますよね。きっと。
うちなんか、すぐ裏が環七だったりしますから(笑)
オスロのこれまたのーんびりした場所から、東京の社宅・・・あまりの環境の変化に、戸惑いまくりです。 ライラックもなつかしい。オスロより、少し早いのですね、今はまだシラーが咲いている様子ですよ。 
それにしても、加代子様、お花のお写真撮るの、とってもお上手。
自然を愛でる加代子様の心が伝わってくるお写真ばかりですね。
これからも、癒されにまいりまーす。
Commented by 加代子 at 2009-05-02 04:39 x

  nashirikoさん~☆

飛行場が近いですが 田舎なんですよ。
本当に のんびりしたオスロから 大都会の東京、
環境の変化は大きいから大変でしょう。
でも日本は色々刺激があって退屈しないから良いですね!
自分ちの花は 落ち着いてじっくり写せるからマシなのです。
他所に行くと慌てて なかなか良いのが撮れません^^;
有難うございます。暇な時にでも覗いて下さい。


<< Salon du Livre 屋根の上 >>