カテゴリ:Cambridge( 37 )

フェルメール

a0086828_23165512.jpg


ロンドンに行く前に ケンブリッジの 博物館 を覗いて来ました。

【フェルメールの女性達】と言うタイトルの展示があったからです。

日曜日のせいか、フェルメール が人気なのか 列を作って待ってる人が沢山。

少し急いでいたので 説明のイヤフォーンは借りず ただ見て来ました。

その中で一番有名なのは レース編みの女性ですが・・・

女性が魅力的でないし 髪型のせいか頭部が変に見えて 好きじゃなかったです。

館内は写真禁止だったので 写真は全部 お借りした物です。


a0086828_23173899.jpg



a0086828_234245.jpg



a0086828_23181368.jpg



a0086828_2318438.jpg


フェルメール晩年の作で 手抜き描写が多いそうですが

青いドレスの丸顔の女の子が (怖)可愛い^^;

フェルメールの作品と 同時代のオランダ画家が描いた女性の絵もありました。

中に素敵な絵もありましたが 画家の名前も覚えてないし

写真が撮れなかったので 後で調べられなくて 残念です。

フェルメールは 前に ベルリン で見た ワイングラスの女性の絵の方が好きでした。


a0086828_22431470.jpg

[PR]
by weierud | 2011-11-02 22:58 | Cambridge | Comments(8)

Clare College

a0086828_2473930.jpg


こじんまりした大学、クレア・カレッジ は 1326年の創立(英語です)

庭とチャペルが 見学出来ました。

a0086828_25317100.jpg


a0086828_2535788.jpg


雨に濡れた チェック模様の芝生が面白かったです。

チャペルは 小さくて とても簡素。

a0086828_2552495.jpg



a0086828_15142924.jpg



a0086828_2573020.jpg




a0086828_2581520.jpg




a0086828_311348.jpg




a0086828_3112430.jpg


★  ★  ★


私のブログ暦は 6年前の9月20日からですが

エキサイト・ブログに移ってから 18日で丁度 5年になりました。

毎年、同じような内容で 止めようかと思った事もありましたが

細々続いてきたのは やっぱり 自己顕示欲(笑)と 皆様のお陰^^

いつも覗いて下さって 有難うございます。

[PR]
by weierud | 2011-09-18 03:19 | Cambridge | Comments(16)

King's College

a0086828_354263.jpg


1441年創立の キングス・カレッジ は 次女の指導教官の大学だったので

4年前に 講内を案内してもらった事があるのですが 写真は撮りませんでした。

日曜日は雨模様でしたが 主人と行って来ました。

a0086828_3574085.jpg


4年前は 確か チャペル内は撮影禁止でしたが

今回は フラッシュ無しなら 写真も ビデオもOKでした。

チャペル内に入った瞬間、前は凄い! と思ったのですが・・・・

あれから数年・・・・ウエストミンスター寺院やら 近くの イーリーの聖堂

アーヘン大聖堂 等 壮大な教会を見て来たせいか あまり感動しませんでした^^;


a0086828_462511.jpg



a0086828_465714.jpg


ステンドグラスは あまりにも細かく 私のコンパクト・カメラでは 上手く写りません・・・


a0086828_5464219.jpg


少々ピンボケですが ルーベンスの絵(The Adoration of the Magi)

下はどなたの絵でしょうか?

a0086828_472723.jpg


チャペルのいたる所にある 大きなチューダーローズの装飾。

a0086828_48467.jpg


こんな漫画チックな 説明絵もありました^^

a0086828_4174646.jpg

[PR]
by weierud | 2011-09-16 04:20 | Cambridge | Comments(6)

トリニティ・ホール大学

a0086828_135357.jpg



a0086828_143128.jpg



a0086828_111279.jpg


a0086828_154190.jpg


ヨハン君の在籍した トリニティ・ホール大学 です。

ピクニックの次の日に 見学するつもりだったのですが・・・・

構内で結婚式があって 残念ながら中庭もチャペルも見られませんでした。

下の写真に小さく写ってる 白いドレスが花嫁さんです。

次女とヨハン君も知ってるお嬢さんでした。

a0086828_192726.jpg


仕方がないので 部屋でヨハン君の小さい頃の写真を見せてもらいました。

家族は フランスのDivonne にも スイスの隣町、Meyrin にも住んだ事があって

もしかして 私達と隣町ですれ違った事があったかも?

[PR]
by weierud | 2011-09-15 01:24 | Cambridge | Comments(8)

再度・・・・

a0086828_0462835.jpg


娘の寮があるのは ケンブリッジの西の端なので 

こんな雪道を通って 街まで出るのに30分程かかりました。

次女はロンドンに出た時 少し捻ったのか 左足の調子が悪く

主人は主人で 大き目の靴を履いて来たら 左が大きすぎて これまた痛いそう。


a0086828_0522575.jpg


調子もんの主人は 痛いのは この左ッ!って おどけてますが 随分痛かった模様・・・

私はと言うと 中耳炎の左耳がまだ聴こえず 3人揃って左に何らの故障(笑)

それはそれで良かったのですが 例のベトナム料理店で昼食の後、

また耳が猛烈に痛み出したのです。

痛み止めは持って来てましたが 耳の薬はないので 薬局に行って聞いてみたら

処方箋がないと売れません との事。

売り場の女性が親切な人で 救急病院?の電話番号を教えてくれました。

主人が電話すると 受付の人が名前に生年月日 どんな症状か聞いてます。

待ち時間が一時間程になりますが 今すぐいらして下さいと言ってくれました。

幸い 30分程待っただけで 担当の女医さんに診てもらえました。

自分では分からなかったですが 熱が39度近くありました。

また中耳炎再発・・・

アレルギーは無いと言うと ペニシリン入りの抗生物質を処方してくれて

薬局で買うようにと言われました。

診察料は無料。 ただの旅行者なのに良いのかしらん?

病院を教えてくれた薬局に行くと 10分待つように言われて 薬を出してくれました。

こちらも無料でした。

なんでも 16歳以下の子供と 60歳以上の人は 薬は無料になるんだそうです。

口頭で生年月日を聞かれただけで 身分証明書も出してないのに良いんでしょうか?

有難かったのですが この薬が不味いのなんのって・・・・

水に溶かして飲む錠剤なんですが 苦い上に 変に甘くて 閉口しました。

これを一日3回、一週間で合計21回、毎回 吐き気がする程気持ちが悪かったです。

スイスで処方して貰った薬は 一日2回飲むピルで 一飲みで終わり。

アレルギーがあると言ったら 別の薬を処方してくれたのかしらん?


a0086828_1134644.jpg


(英国で出版された全ての本が保管されてると言う ケンブリッジの図書館)



フランスに戻ってジュネーヴの家庭医に行くと すぐ耳鼻科の医者に連絡してくれました。

そこで 外耳に溜まったゴミ諸々 器械で吸い取ってもらいましたが

依然として左耳が聴こえません・・・・

鼓膜の内側にゴミが溜まってるそうなんですが すぐに鼓膜にメスは入れないそうで。

鼻から吸入する薬を 一ヶ月使うように言われました。

始めに中耳炎になって そろそろ一ヶ月になるんですが 良いんでしょうか・・・・

聴こえないのは我慢出来ますが 自分の声が頭の中で反響して 都合が悪い事この上なし。

子供の頃は中耳炎なんて無縁だったのに この歳になって何の因果でしょう。

[PR]
by weierud | 2010-01-22 01:23 | Cambridge | Comments(20)

雪景色

a0086828_0204723.jpg


今回、ケンブリッジで キングス・コレッジの雪景色を撮りたかったのです。

雪を背景に 文字通り・絵になりそう^^





次女の指導教官がキングスに属していて 最初に行った時 あちこち案内してくれました。

でも 内部の写真は一枚も撮ってないのです。

それで今回 雪も積もってるし 好都合と思いました。

が、そうは問屋が卸しません(笑) 行った時は 見学禁止・・・・

おまけに 改造工事?とかで 無粋な垂れ幕が掛ってるので 外からも上手く撮れません。

本当にがっかり・・・・



風が冷たい氷点下(多分)の日に 舟遊びの呼込みをやってました^^;

ちゃんと ボートの雪をキレイにしてから 誘いなさいよね(笑)


a0086828_0402794.jpg




a0086828_034719.jpg




a0086828_0345075.jpg


雪は溶けてないし 氷も張ってるのに 普通の自転車に乗ってる人が多いので びっくり!

その一人、街で 盛大に転んだ東洋人の男の子、怪我は無いようだったけど・・・・

[PR]
by weierud | 2010-01-20 00:49 | Cambridge | Comments(16)

ケンブリッジ


最後に ケンブリッジの写真を入れて 終わりにします。


a0086828_23433483.jpg



a0086828_23443323.jpg



a0086828_23455670.jpg



a0086828_23471085.jpg



a0086828_0434442.jpg




ケンブリッジ滞在中は 娘の寮の台所がとても汚いので 夕食はヨハン君が作ってくれました。

彼の寮の台所は新しいし 休み中で使う人が居なかったのです。

鮭のアボカドソースあえ、 野菜沢山のスパゲッティ、一番美味しかったのは ナスのグラタン。

お陰で 主人はお代わりを食べ過ぎて 太る羽目に(笑)



a0086828_23584962.jpg


次女は 寒くて湿気の多いピーターハウスの寮を出て 新しい所に移ったので ほっとしました。

ケンブリッジの西の物理学研究所の近く、雰囲気が CERN に似てる所にあります。


a0086828_035885.jpg


★  ★  ★


ニュースで ノーベル平和賞に オバマ氏が選ばれたと 発表がありました。

なんでぇ? って思ったのは 私だけ??

ノーベル賞って 何かの業績のあった人に与えられる賞 と思いましたが・・・・

オバマ氏は 就任して間もなく 提案だけで まだ何も成果が出てませんが・・・・

ノルウェーの選考委員会では 首を傾げるような人を選ぶのは よくある事なんですが

今回が一番 酷い!

[PR]
by weierud | 2009-10-10 00:10 | Cambridge | Comments(24)

The Corpus Clock

a0086828_2381233.jpg



a0086828_2431498.jpg


J.テイラー博士が 7年かけて作った 100万ポンドの The Corpus Clock (日本語です)

Corpus Christi College の図書の壁にあります。

日本でもニュースで取り上げられたので ご存知の方もいらっしゃると思いますが 

去年9月19日の除幕式には S.ホーキンズ博士が 立ち会いました。

私たちの宿の セント・キャサリン・コレッジのすぐ傍なので 毎回お目にかかる羽目に (笑)

夜になると プルーとピンクで ちょっぴり幻想的。


a0086828_3265073.jpg



a0086828_2475160.jpg


仕組みを 博士自身が説明 してらっしゃるので 英語ですが見て下さい。

きれいな分かりやすい英語ですし 画面だけ見ても 面白いです。

画面が出たら △ を クリック です。

日本語での 詳しい説明の ブログ がありましたので 興味のある方は どうぞ。


★  ★  ★


10月と言うのに 今日のジュネーヴ周辺は晴天で 気温が26,7℃まで上がりました。

街に出ると キャミソールとショートパンツの女の子から 厚いコートのご婦人や男性、

サンダル履きの人(私です) から ブーツの人まで千差万別でした。

とどめは ローヌ河で泳いでる男性が ひとり・・・

冬の 寒中水泳よりは 暖かいでしょうが 酔狂な・・・

[PR]
by weierud | 2009-10-08 03:06 | Cambridge | Comments(18)

Christ' College


コレッジの紹介ばかりで 少々飽きてきたので これが最後です(笑)

Christ' College は 1505年、マーガレット・ボーフォートによって 再設立。

それで門の飾りは St.John's College と 殆ど同じです。



a0086828_4342575.jpg



a0086828_4462342.jpg



a0086828_447133.jpg



a0086828_449618.jpg


裏側から


a0086828_4521610.jpg


中庭も広いですが ここは 入って良いそうです。


a0086828_45867.jpg


庭の周りには 散歩道がぐるりと 囲んでいて 古~い 大きな木も。


a0086828_4543367.jpg


もう少し写真を入れてますので More を クリックして下さい。


More

[PR]
by weierud | 2009-10-06 05:29 | Cambridge | Comments(22)

Downing College


準男爵の Sir G.Downing の遺言から設立された Downing College

亡くなったのは1749年ですが コレッジの設立は1800年です。


a0086828_4461113.jpg




a0086828_447113.jpg


ケンブリッジの他の大学と違って ネオ・クラッシック様式の建物です。

大学の庭は とても広く 芝生は入っても歩いても OK (笑)


a0086828_4504329.jpg




a0086828_4525263.jpg


食堂も 他のコレッジと 全然違う雰囲気でした。


a0086828_4541975.jpg



a0086828_4545420.jpg


1950年に作られたチャペルは 覗いて見ませんでした・・・・


★  ★  ★


中秋の名月・・・フランスの国境の村では・・・・


a0086828_5152443.jpg


昼間は20℃以上ありましたが 夜は外で月見をするには 涼しすぎる気温でした。

お団子じゃなく 胡桃餅を作りました ♪

a0086828_541758.jpg

[PR]
by weierud | 2009-10-04 05:16 | Cambridge | Comments(16)