「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

St. Gallen


月曜日は スイスのSt. Gallen に近い保養地の

Bad Ragaz と言う所に泊まりました。


a0086828_4372295.jpg


一応 お城ですが パナマ運河建設で財を成した人が
建てた新しい物です。

ホテルのプールと トルコ風蒸し風呂で 疲れを取りました。



次の日は St. Gallen を観光^^

車のナビゲーターで探しても 見つからないのです・・・

うちのは 英語で設定してるのですが

ドットが入力出来ないので セイントと綴っても ガレンとやっても
駄目・・・・

焦りましたが ドイツ語では ザンクト、Kでした ^^;
お粗末(笑)



ここはザンクト・ガレン修道院と 付属の図書館で有名です。

この日は 雨が降ったり 止んだり 晴れたり 忙しかったです。



a0086828_512330.jpg


(修道院)

図書館は世界遺産に登録されてますが 写真は禁止。

一部屋だけの図書室を見るのに 入場料7フランは高いです。

床の寄木細工を傷めないように 入場する際は 靴のまま
フェルトで出来たスリッパを着用。

一サイズしか無いので 小さい子供は歩きにくそうでした。

当たり前ですが 部屋一面に本が!!

ガラスに収まってる古~い写本は 興味深かったです。


a0086828_1535399.jpg

(絵葉書から・・・図書室)



ザンクト・ガレンの古い建物は 出窓がユニークでした。

写真を photo album に入れてます。

[PR]
by weierud | 2007-07-31 05:14 | Switzerland | Comments(24)

Weiden


土曜と日曜日は Weiden と言う町に泊まりました。
(英語です)

町に陶器工場があって ホテル・レストラン用の食器生産はドイツ一だそうです。

参考にどうぞ:バウシャー社

下は その旧市庁舎で 今は博物館になっています。


a0086828_3463764.jpg


下の 市の城壁に作られた古いホテルに泊まりたかったのですが

残念ながら 満室でした。

その日 町のホテルは 空室が無かったそうです。


a0086828_3474043.jpg


町の中心にある小さなホテルに泊まったのですが ここも満室。

お客さんは東欧からいらしたと思われる 年配の方ばかり・・・

日曜日は貸し切りバスで やはり収容所に向かってました。

Weiden は14世紀に作られた城壁に囲まれた町で 今も部分的に残っています。

photo album に写真を入れてますので 宜しかったら 見てください ^^

ドイツにお住まいのYokoさんが 教えて下さった ページ です。

ヴァイデンに近い観光ルートが 沢山載っています。

覗いて見て下さいね。

[PR]
by weierud | 2007-07-29 04:05 | Germany | Comments(28)

Flossenbürg


開館祝いのセレモニーがあった日の朝は 気温13℃。

雨模様の寒い日でした。

Weidenのホテルから この収容所 までは約20分。

(英語ですが スクロールすると写真が沢山出てきます)

チェコに近いバイエルン州の 綺麗な森が点在する 田舎道です。

会場は ポーランドやフランスからのバスも停車していました。


a0086828_448309.jpg


招待状の無い私は 会場に入れませんでしたが

上の写真のテントで 中継を見られると言う事でした。

寒かったり暑かったりで 気持ちが悪く 車の中で本を読みながら待ってました。

12時に終る筈が 1時近くになっていました。

予定外のウクライナの大統領が出席なさったとかで。

聞けば 父君が45年の4月21日に解放された 戦争捕虜だったそうです。



囚人?のいたバラックは 民家が建っていて 昔の面影はありません・・・


a0086828_16432195.jpg


見張り台に 高圧のフェンス跡。

a0086828_170399.jpg


a0086828_17045100.jpg


2時に一般人も展示会場を見学出来るので 行って見ました。

昔シャワー室と洗濯場だった建物を 改造した場所です。


a0086828_16451049.jpg



a0086828_1842343.jpg


ここは 純然たるシャワー室で 殺戮用のガスは使ってません。

展示物に ウクライナの大統領の父君の写真もありました。


a0086828_5134136.jpg


似てますか? 主人が言うには 口元が似てるそうですけど。

大統領のユシチェンコさんです^^;


a0086828_51675.jpg


下は バイエルン州首相 シュトイバーさんです。


a0086828_523496.jpg


会場では 収容所を生き抜いたと思われる高齢の軍人さんが

孫娘夫婦らしい人に 亡くなった友人の名前を教えてるのが 印象的でした。

Moreに続きます。


More

[PR]
by weierud | 2007-07-26 05:58 | Germany | Comments(22)

小旅行


明日から ドイツに 行く事にしました。

例の収容所からの 招待 にです。

スイスもドイツも 高速道路が完備してますから 1日で行ける距離ですが

老夫婦ですので ゆっくりと 途中一泊づつしてきます。

4泊5日の旅になります ^^

収容所付近は 霊が迷ってる様で ちょっぴり恐いのです。

ささやかながら 犠牲者の冥福も祈ってくるつもりです。

変な霊が お土産にならないと 良いけど。




何故か こちらでハイビスカスと言われてる ムクゲです。


a0086828_2254369.jpg



a0086828_22542510.jpg

[PR]
by weierud | 2007-07-19 22:55 | Travel | Comments(31)

Grand Saconnex Ⅲ


壁に描かれた 髭のおじさまは 
Jacques Sarasin (1594~1663) と判明しましたが

【時】がテーマの絵に なぜ登場したのか 不明です。


a0086828_22392151.jpg


ここから見ると さすがに平坦で やはり絵に見えます(笑)

もっと綺麗に載ってる サイト を見つけました。

通りの名前がEdouard Sarasinで お向かいがFerme Sarasin。

古い農家を改造したもので 展示場などに使われてます。


a0086828_22354196.jpg


そこから少し離れた所にある Villa Sarasin。

パレクスポに近く レセプションに宴会にと使われています。


a0086828_22374494.jpg


少し離れた丘から見た 夕焼けのモンブラン。



a0086828_5151925.jpg

[PR]
by weierud | 2007-07-17 22:49 | Genève | Comments(24)

Grand Saconnex Ⅱ


この町の ごく・普通のアパートの壁の 騙し絵です。

ひとつだけ 本物があります ^^


a0086828_5182310.jpg




a0086828_1411100.jpg


男の子が覗いてるのは 18世紀の時計工房。


a0086828_152673.jpg


こんな クラッシックな 髭のおじ様も(笑)


a0086828_164054.jpg


アインシュタイン ですって ^^;

(因みに 本物は 時計だけです)

a0086828_1151230.gif


近くの水飲み場


a0086828_5273110.jpg


a0086828_1124399.jpg



ちょっと写真を More に足してます。

More

[PR]
by weierud | 2007-07-15 01:10 | Genève | Comments(26)

Grand Saconnex(グラン・サコネ)


恒例の夜の散歩、気温が15℃なので 薄着で出たら

幾ら早足で歩いても 湿気があったのか寒かったです。

うちから 空港を挟んで 反対側のスイスの町です。

「建物三題」散歩と同じ地域、夜の8時半 ^^;


a0086828_21153110.jpg


蜂と 瓶からこぼれた蜂蜜が面白くて^^


a0086828_21155543.jpg



a0086828_21163381.jpg


教会の中から 写せば良かったのですが 閉まってました。



a0086828_2117289.jpg


教会の下手の バス通りにある 町の旅籠。

靄が出てきました。

a0086828_2117229.jpg


隣りのレストランのランプ、9時半位になりましたが まだ灯が付いてません。

[PR]
by weierud | 2007-07-12 21:37 | Genève | Comments(28)

暖炉 Ⅲ


暖炉の職人さんの仕事が 昨日終わりました。

約束通り 一週間で出来ました(正確には5日)^^

朝の8時15分には 仕事始めで お昼はお弁当持参。

一人で全部仕上げてくれたのです。

朝の10時と昼食後に コーヒーはお出ししましたが 殆どノンストップの仕事でした。

仕事も丁重で 聞けば ノルウェーで研修も受けたそうです。
(頼んだ暖炉本体はノルウェー製)

フランス人には珍しいと 主人が いたく感心して お礼にワインを2本渡しました。


a0086828_17532068.jpg


暖炉のフードの斑に 気が付きましたか?

これまだ塗装してないのです・・・

フランスでは 最後の塗装は依頼主の仕事 ^^;

イメージ通りで嬉しいのですが・・・・

想像以上に 大きくて 威圧感が・・・(デッカ~イ!)

途中の経過をご覧になりたい方は More をクリックしてね。


More

[PR]
by weierud | 2007-07-10 18:08 | Home | Comments(29)

結婚式


7月7日は 日本では 七夕でしたが ジュネーヴでは・・・

【結婚ラッシュ】

’07年で 7日は 土曜日^^

ラッキー・セブンが 重なった日と言う事で 人気でした。

夜のニュースでは 何組もの新婚さんが レマン湖クルーズでパーティ ♪

その日は レイク・パレードもあって 賑わったそうです。



前日の金曜は雨が降ったり止んだり 今日の日曜は雷雨・・・

土曜日だけ晴れ^^

本当にラッキーな日になりました。

結婚後も 続きますように!

うちの近くでも 結婚式に付きものの車のクラクションが 盛大に鳴ってました。



a0086828_1753911.jpg

[PR]
by weierud | 2007-07-08 17:06 | Genève | Comments(24)


うちは 主人を始め 動物、特に犬が大好きです。

旅行に出る機会が多いので すぐに飼うのは躊躇してますが いつかは と思っています。

で、困るのは うちの家では 何カ国語も入り混じってる・・・

犬って複数の言語が 理解出来るのかしら? と疑問。



こちらで親しかった 今はアメリカ・ボルティモアに住んでる

日伯家庭の奥様が 犬を飼ってるのを思い出して 聞いてみました。



結果は?

大丈夫よ~ォ、うちのバカ犬でも ちゃんと理解してるわよ!

との お言葉でした(笑)


a0086828_0103599.jpg



a0086828_4185391.jpg


上のラヴェンダーは 日陰に植えてます。今頃開花。

同じ種からでも 日向に植えたのと 色も違うのが不思議。

ピンクの桔梗も 今咲いています ^^

[PR]
by weierud | 2007-07-06 00:16 | Family | Comments(30)