ベルンの熊

a0086828_23301493.jpg


ベルン の名称は 熊から来てる と言われるだけあって 町中熊さんだらけ(笑)


a0086828_23325193.jpg



a0086828_23333626.jpg



a0086828_23341133.jpg


犬みたいな 熊さんです(笑)

a0086828_23361566.jpg


町のパン屋さんのタイル模様


a0086828_018245.jpg



以前は ベルンの熊はコンクリートの穴に飼われて 可哀想な感じだったのですが

アーレ川沿いに 新しい公園が出来ました(右手の坂)


a0086828_23443794.jpg


去年生まれた小熊さんはまだ小さく 土を掘り返したり木登りしたり 楽しそう。


a0086828_2346466.jpg



a0086828_23472066.jpg


父親熊は 母子から隔離されていて 少し可哀想でした。

公園に寄付した人たちでしょうか 敷石に名前が彫ってありました♪


a0086828_0255872.jpg

[PR]
by weierud | 2010-05-02 00:05 | Switzerland | Comments(20)
Commented by Yoko at 2010-05-02 00:37 x
加代子さん、こんにちは。わあ、かわいい熊さんたちですね♪ (山歩き装備バッチリでソックスをはいた牛さんのユーモアな姿にも目がいってしまいました)バーデン辺境伯のベルトホルト5世がしとめた熊のドイツ語ベーレに由来しているとのことですが公の名前Bertholdとも語感が重なっているので公もお気に入りだったでしょうか。私はむかーしその可哀想なコンクリートに鎖でつながれた姿しかみていなかったので新しい公園にうつって木登りしたり元気な小熊ちゃんの写真をみてうれしかったです♪ 雪解けのアーレ川の流れがすごく速かった記憶があるのですが加代子さんがいらっしゃったときはいかがでしたでしょうか?
タイル模様のお写真がなぜかみえなかったので楽しみにお待ちしてますね♪
Commented by 加代子 at 2010-05-02 02:13 x

  Yokoさん~☆

親熊は大きくて 少々おっかないですが 小熊は縫ぐるみのようで可愛いです。
新しい公園は斜面が急なので 熊さんが落ちないかと心配になりますが
下は用水になってるので大丈夫なんでしょうね。
熊さんが木に登って新芽を食べるので 途中で折れた木もありました。
水量も多く流れも早かったですが 晴天が続いた後だったのでそうでもなかったです。
タイルは旗を持った熊さん2匹がハンカチを振ってます^^
Commented by non at 2010-05-02 09:35 x
熊さんのお家が 新しく広くなって
良かったですね~
観光スポットにもなっている 熊公園が
コンクリート造りでは 可哀想でしたものね
(一度訪れたことがあります)
Commented by 加代子 at 2010-05-02 15:00 x

  nonさん~☆

nonさんがいらした時も穴でしたか。
あそこは落とし穴みたいで・・・
ウン十年前よりは まだマシになってはいたのです。
新しい所は坂なので 居心地はどうなんでしょう。
Commented by しょこらろーず at 2010-05-02 16:48 x
ある日森の中 くまさんに 出会ったで始まる
アメリカ民謡 森のくまさん は森の中でくまさんに
出会うのですが ベルンに行けばくまさんに出会える事
は間違いなしですね。
デモヒグマは体長が大きく人間を襲うらしいですのに
街の象徴なんですね?ビックリです。
デモ小熊は可愛いですよね。
Commented by Hapiness-forever at 2010-05-02 17:24
かわいい・・・熊さん
今日、大阪通天閣あたりをウロウロしてましたがここはビリケンさんだらけ・・・
くまさんのほうがかわいいわぁ
本物が出てきたら怖いけどね
Commented by まぐろ at 2010-05-02 17:41 x
小熊ちゃんたち本当に可愛いですね~♪
是非私も近いうちに愛くるしい姿を見に出かけて来たいです。
バラの時期にローズガーデン散策もかねながら行きたいと思っています。
Commented by フェリママ at 2010-05-02 19:52 x
お久しぶりです。
ベルンのクマづくし、かわいいですね。
メルヘンチックでおとぎの国みたい♪
さすが大陸ヨーロッパ、陸続きで隣の国にも行けるし、ドライブも楽しそうでいいですねぇ。
Commented by HARUママ at 2010-05-02 20:11 x
母クマさんは、ニッコリほほ笑んでいるように見えます(^^)幸せなんだろうな~♪パン屋さんのタイル模様!!すごく~く可愛らしいですね♪♪♪
河川公園も素敵~ですっ♪本当にう~っとり眺めてしまいました
アメリカには1度だけ行くことができましたが、ヨーロッパの方に一度行って自分の目で景色を見て、空気を味わってみたいなぁって思います(^^)
動物が、シンボル的に街のあちこちにあるって、どんなに落ち込んで街に出かけても、帰宅する頃にはニッコリ笑顔になれてそうですよね(*^v^*)
Commented by タマヤン at 2010-05-02 22:11 x
こんばんは
熊が市の紋章になってるなんて驚きです
像の熊さんが擬人化してて面白いな♪
可愛い熊さんから生きてる熊さんまで見れて
訪れた人はベルンが熊の都市であることは納得でしょう
疎外された父親熊の心情は察してあまりあるな~^_^;
Commented by 加代子 at 2010-05-02 22:55 x

  しょこらろーずさん~☆

ベルンの熊さんは ヒグマですよね?
父親熊は 大きかったです。
子供の頃からペットで飼ったら 慣れて大人しいのかも?
小熊はコロコロしていたずらばかりして 可愛かったです。
Commented by 加代子 at 2010-05-02 23:00 x

  ハピネスさん~☆

ご利益があるそうですが ビリケンさんって少し怖い顔・・・
気が付かなかったけど あちこちにありますか!
まさか街に着ぐるみさんが居たのじゃないですよね?(笑)
Commented by 加代子 at 2010-05-02 23:03 x

  まぐろさん~☆

小熊って いつ頃まで小さいのかしら?
ベルンの小熊さんは もう半年過ぎてるよね??
ジュラに近い動物園?にも小熊が生まれたって聞きましたが
どこか忘れてます・・・・
ベルンのローズガーデンはまだ行った事がないです。
ジュネーヴのより広いですか?
Commented by 加代子 at 2010-05-02 23:07 x

  フェリママさん~☆

スイスは小国だし 高速道路は追加料金ナシだし
気楽に行けます^^
ベルンは近場なのに言葉も違うし ジュネーヴとは違った面白さがあります。

個人的には スイス・ドイツ圏の方が好きかも?
主人はスイスには行ってくれますが フランスには
中々出かけないので残念です。
Commented by 加代子 at 2010-05-02 23:14 x

  HARUママさん~☆

母親熊さんは まだ小熊が心配なのか時々近寄って見てます。
ちゃんと面倒を見てるのですね^^
ベルンの町は小さなお店がアーケードに沢山あって楽しいです。
面白い噴水も数あるし 観光しやすい所です。
ヨーロッパは国が近いから あちこち周れてお徳ですよ♪
機会があったらぜひ観光出来ると良いですね。
Commented by 加代子 at 2010-05-02 23:26 x

  タマヤンさん~☆

ベルン市民は 熊さんに近親感があるのか 熊だらけです^^;
立像の熊さんは 歯を出して悪戯っぽい?少々悪賢い??
飼い主はベルトルト伯と思いますが 違う方向から見ると
とても気取ったポーズをしています。

父親熊さんは 母子の所に行きたそうにしてましたが
仕切りの鉄線?多分電流が流れてるのでしょうね、に阻まれて
隔離されてました。
保護のためでしょうが 少々可哀想でした。
Commented by ハル❤ at 2010-05-03 00:12 x
くまちゃん、かわいい!動物園じゃなくて、くまだけなんですね。
加代子さんの写真きれいですね~
Commented by 加代子 at 2010-05-03 00:28 x

  ハルさん~☆

そうです、熊公園^^;
川沿いにあって 無料(当たり前ですよね)
有難うございます。こちらは空気が綺麗ですから
写真も上手く撮れます♪
Commented by irisjentaのぱぱ at 2010-05-05 13:31 x
ベルンのクマの飼育施設がこんなにきれいになったことは知りませんでした。
そうですね。駐在時代にスイスの監督当局(Bankenkomiision)訪問のために何度かベルンに行きましたが、その当時はクマさんたちは大きくて暗っぽい井戸のような深い竪穴みたいなところに入れられていてかわいそうな気がするとともにちょっとがっかりもしたことを覚えています。それに比べれば随分と開放的で美しいものになりましたね。
Commented by 加代子 at 2010-05-06 03:02 x

irisjentaのぱぱさん~☆

そうなんですよ、きれいになったでしょう?
私も最初 ベルンに行って熊さんを見た時には
可哀想で・・・中世から同じ穴に?って感想(笑)
動物愛護協会から非難されないのかと不思議でした。
その後 穴に水遊び用の堀も出来ましたが・・・


<< Salon du Livre IC旅券 >>