人気ブログランキング |

Perouges

a0086828_610484.jpg



a0086828_6111565.jpg


次女が ちょっとの間ですが ロンドンから戻って来ました。

一緒に ブレス鶏の煮込み料理を食べに Arbois に行こうと思ったら

レストランが 年に一度の お休み・・・

仕方なく 次女がまだ行った事のない Perouges に行って来ました。

アン県の 中世を偲ばせる 小さな町です。

19日は お祭りとかで 旗が彼方此方に渡してありました。


a0086828_6175597.jpg



a0086828_6183085.jpg



a0086828_6192641.jpg


秋の終わりに 行った時とは 雰囲気が 少々違ってました。

町のHPに 動画 がありました、フランス語ですが 覗いて見て下さい。

広場にある開いていたレストランで 昼食を頂きました。

左側の古い建物の中です。


a0086828_622342.jpg


昼食

a0086828_6233258.jpg



a0086828_6235945.jpg


2つの違うメニューを 頼みました。

おつまみに出た 小粒の黒オリーヴ、 スパイスが効いて美味 ♪


a0086828_6253848.jpg


前菜はそれぞれ違いました。

鮭のマリネ、 トマトとチーズにナス、 フォアグラのデミグラス・ソース。


a0086828_6283477.jpg


a0086828_6285455.jpg


a0086828_6292474.jpg


メインは 私は鴨と桃、  主人達は 牛肉のメダイヨン、 それぞれにポテト・グラタン付き。


a0086828_6325526.jpg


a0086828_6332349.jpg


デザートは ここの名物のガレットにクリームと 木苺のミルフォイユ。


a0086828_6352840.jpg


a0086828_636116.jpg


どれも美味しかったです ♪

Arbois の ブレス鶏のヴァン・ジョーンヌ煮込みは 食べられませんでしたが

ここはアン県で ブレスの鶏は 名産。

プレス鶏のワイン煮込みも出来ますが 45分待ちだそうで・・・・

食後、ゆっくり町を周って 帰ろうと思ったら 雨が降り出しました。

Photo album に写真を入れてます 宜しかったら 覗いて下さい ^^

ペルージュ町の 動画 です。


by weierud | 2011-06-20 06:44 | France | Comments(24)
Commented at 2011-06-20 14:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by non at 2011-06-20 15:05 x
素敵な街並みですねえ~
石を塗りこめた壁が いいですね
外観は質素な感じだけど レストラン内部は
豪華な感じですね

ペルージュ
どこかで聞いたなと思ったら
神戸・北野にある有名なレストランでした~
いつも予約がいっぱいで まだ行ったことないのです
Commented by 加代子 at 2011-06-20 15:18 x

  鍵コメさん~☆

小さくて雰囲気があって可愛い町です。
日曜日はお祭りだったそうで 中世風の衣装の人も多そうです。
広場のもう一つのレストランは閉まってました。
こちらは 後で団体さんが入って来て 賑やかになりました。
牛肉は焼き具合が良かったのか こちらの肉にしては珍しく
柔らかくて美味しかったです(味見しました^^:)
Commented by 加代子 at 2011-06-20 15:30 x

  nonさん~☆

石畳の道が続いて とっても素敵な町です。
実際に住んでる人は 観光客に窓を覗かれて嫌かも?(笑)
レストランの隅に昔の陶器の食器等が飾ってあったり
擦り切れた古いタペストリーが壁にかかってました。
椅子も貴婦人と一角獣のタペストリーの一場面(野うさぎ)の
模様の布を使ってました。

神戸のレストラン、フランス料理店ですか?
Commented by タマヤン at 2011-06-20 17:28 x
こんにちは  本日も雨で~~す

お嬢さんが帰ってきてのお出かけは楽しさ倍増でしたね(^^♪
石畳の道と石造りの家は雰囲気満点だ
花や蔦などがアクセントになってますが飾りの旗もいい感じだ
アルバムはペルージュの良さが盛り沢山で見応えがありましたよ
トーモロコシ(?)を天井に吊るしてるのが面白いね(^。^)

↓本格的なご主人の料理には感服しました!!
 週に一度なら楽しみなことでしょう(^_-)-☆
 私もたま~に料理の手伝いをすることがありますが一人では無理(~_~;)
 妻にはお宅の情報を内緒にしておきます
 
Commented by 加代子 at 2011-06-20 17:39 x

  タマヤンさん~☆

こちらは朝から晴れて気持ちのいい天気です^^
次女は すぐに帰るので残念ですが 仕方ないですね。
今日はお昼から街に出ようと思っています。

祭りの旗が無い方が しっとりして良いように思えますが
アクセントになって良いですか?
アルバムも覗いて下さって有難うございます^^
トウモロコシ、何に使うんでしょうね? 面白いですよね。

タマヤンさんも料理の手伝いをなさるんですね!
私が短気なので 手伝ってもらうのは駄目です(笑)
主人一人で じっくり料理してもらいます。
Commented by ぐらっぱ亭 at 2011-06-20 19:19 x
こんな素敵な村、あるんですね~、いくらでも。散策にはもってこいですね。この夏、第10次フランス旅行、パリ以外をどこで過ごすか思案中。もう地方別にはあらかた行ってしまたのですが、こんなところもいいけど、レンタカーしないと行けないですから、無理。私は問題ないと主張するんですが、カミさんが許してくれないので、トホホです。車がないと、行動範囲、限られますよね。勿論事故は怖いけど、SNCFと高速バスを利用するしかないので、これから時刻表を調べるつもりです。
Commented by non at 2011-06-20 19:32 x
以前北野町に「ジャン・ムーラン」という伝説のフレンチレストランがありまして~そこで勤めていた人たちが それぞれ独立して 3つの店ができました。そのうちの1つのようです。(どれも行ったことがないけど)

HPには 加代子さんのお写真のような風景が
アップされています。
http://perouges.jp/

よう~し
今度こそ 早めに予約して 行くぞ~(笑)
Commented by sahobo at 2011-06-20 20:15
こんにちは。
素敵な街ですね~。
ジュネーブ周辺でもまだ行ったことがないところがあるので、ここもメモしておきます♪
私は鴨が大好きでメニューに鴨があると必ずと言っていいほど頼んでしまいます。
こちらの鴨と桃のお料理も食べてみたい~。
それよりも、旦那様の鴨の中華風オレンジソースにびっくりです。
私が家で鴨料理をするといつも納得がいかない出来になってしまうので、どうすればいい感じに出来るのか是非コツを教えていただきたい!
Commented by mama at 2011-06-20 23:24 x
加代子さん  こんばんわ~2
一度でいいから こんな風景を撮ってみたいものです
もちろん加代子さんのように 綺麗に撮りたいなぁ~
見た事がないようなお料理・・・町のレストランというより ホテルのレストランのようですね
アルバムは また次回に見せてもらいますね(*- -)(*_ _)ペコリ  お休みなさい
Commented by 加代子 at 2011-06-21 01:26 x

  ぐらっぱ亭さん~☆

第十次フランス旅行って すごいですね。
地方を旅行なさるんですね。 フランスは広いから選ぶのが
難しいでしょう?
フランスには住んでいますが あまり出歩いた事がないので
色々見逃しています。
前に住んでいらっしゃったから 運転は大丈夫と思うのですが
何が起こるか分かりませんから 奥様の仰る通りかも?
素敵な旅行先が見つかると良いですね。
Commented by 加代子 at 2011-06-21 01:35 x

  nonさん~☆

レストラン・ペルージュのサイト、覗いて見ました。
ほんと、ペルージュの町の写真がありました^^
名物のガレットの看板も載ってますね。
お料理も フランスのより種類が多くて 美味しそうに見えます。
日本は色々な料理店があって 良いですねェ。
Commented by 加代子 at 2011-06-21 01:42 x

  sahoboさん~☆

ペルーシュはベルガールから白い高速を通って行くと8ユーロ30です。
2時間掛りませんから 近いですよね^^
古い石の家があるだけですが 可愛い町だから 一度どうぞ。
近くに鳥の公園があって 次女が小さい頃 学校から行ったそうです。

味はともかく、主人の作った鴨の方が柔らかかったです^^;
石焼き用の鴨だったので 強火で手早く仕上げたそうで
鴨はフランスの普通のスーパーに売ってるのです。
私が焼くと火を通しすぎるので パサパサになります・・・
Commented by 加代子 at 2011-06-21 01:51 x

  mamaさん~☆

沢山、コメント有難うございます。
古い路地が好きなので ペルージュは丁度良い町です。
あちこち絵になりそうな家や道があって 楽しかったです。
でも本当に小さいのよ。
mamaさんだったら 面白い写真が撮れると思います。
とてもきちんとしたレストランでした。
メイドさんも 例のレースのボンネットに短いですがスカート。
一昔前の感じでした。
Commented by Yoko at 2011-06-21 15:19 x
加代子さん、こんにちは!ペルージュの街並みも、店構えも素敵です私もいつかいってみたいです
o(^▽^)oレストランのお料理もいいですね〜おなかがぐうとなりました。f^_^;)お皿も可愛いです。プロの料理人さんのガレットはやっぱりどこか違いますね。こちらもおいしそう。Arboisのレストラン次回は是非☆
Commented by 加代子 at 2011-06-21 16:19 x

  Yokoさん~☆

ほんの小さな町なので すぐ一周出来てしまいます。
実際に住んでいる人が居るので 家の中がどうなっているのか
興味津々です。
ガレットはクレープみたいに柔らかくなく もっちりと少し固めでした。
Arboisのレストランは 娘抜きで行く事になりそうです。
Commented by しょこらろーず at 2011-06-21 20:53 x
加代子さんお嬢さん帰って来てくださって良かったですね。
ホントに楽しいひと時だった思います。
中世をしのばせる石畳と石造りの建物の中は外観とは違う今の
時代を感じます。お祭りの旗はづっと続いている歴史があるのでしょうか。小さな街なのですね。街全体が石造りなのですね。

お料理も美味しそう。オリーブも沢山出るのですね。お皿がみんな
花模様なんですね。デザートシンプルです。
ヘルシーメニューばかりですか?それにしても美味しそうです。


Commented by ハピネス at 2011-06-21 21:54 x
ロバが似合うなぁって思ってしまいました
ここにまだ普通に生活してられるなんて、不思議なかんじですねぇ
家の中をのぞきたくなるきもちわかりますわぁ・・・・・
Commented by 加代子 at 2011-06-22 00:52 x

  しょこらろーずさん~☆

もう今日はロンドンに戻ったので 寂しくなりました・・・
もっと長く居て欲しかったですが 仕方ないですねェ。
ペルージュは小さくて町と言うより村です。
赤地にドラゴンの旗は由来があるのかも?どうなんでしょうか。

オリーブは頼まなくても おつまみで出てきました。
少し頂いて 残りはさげてました。
ジアン系の花模様で 柔らかい陶器です。
壁に飾ってあるのは 同じタイプの物でしたが
部屋の隅のケースにあるのは 磁器のような感じでした。
有機栽培とも飼育とも書いてなかったので 普通のメニューだと思います。
Commented by 加代子 at 2011-06-22 00:54 x

  ハピネスさん~☆

そうですよね・・・今の自動車は全然似合わない所です。
でも生活に必要でしょうから 車はパーキングしてありました。
外は昔のままでも 部屋の中は改造して 普通の生活なんでしょうねェ。
Commented by karibu-chai at 2011-06-22 09:53
加代子さん、こんにちは^^
お久しぶりです…
昨夜2週間の渡英より帰国しました。
留守中、母のフォローに来てくれていた娘と夫が
空港に迎えに来てくれて、助かりました。

お嬢さまとの素敵な街へお出かけ…趣のあるいいとことですね。
それにお天気もよさそうで、さぞ楽しい一日でしたでしょう。
レストランもいい感じ~お料理の美味しそうなこと!!
鴨には目のない私ですので…喉がごっくんです。
ワインにはバッチリのオリーブのおつまみ!
どれも美味しそうなこと!
でも量が多いですね…
Commented by 加代子 at 2011-06-22 14:34 x

  karibu-chaiさん~☆

お帰りなさい! 
長旅でお疲れでしょうに コメントを有難うございます。
お迎えがあって良かったですね^^

小さな古い町で ゆっくりするには面白い所です。
レストランはウェイターさんのサーヴィスも程ほどで
お食事も美味しかったです。
そう言えば量が多かったですねェ(全部頂きましたが)
Commented by Apfel at 2011-06-24 19:25 x
こんにちは。
素敵な石畳の町ですね〜。
お嬢様と素敵なお時間を過ごされたご様子、楽しさも倍増ですね。

お店もお洒落ですね ♪
スイスには無い、また別の魅力を感じます!
Commented by 加代子 at 2011-06-26 04:01 x

  Apfelさん~☆

ご免なさい・・・・コメント見逃していました^^;
お返事が遅くなってすみません。

ペルージュはとても魅力のある町でした。
お天気もよく お喋りしながら周って楽しかったです。
日本語で喋られるのは やっぱり嬉しいです。
やっぱりどことなくスイス・ドイツ圏とは違いますか?


<< 彼是 料理 >>