人気ブログランキング |

街角で見かけた物


昇天祭で休日なのに 朝から雨です。

借家の窓から見るオスロの街も 灰色一色。

でもこの雨で 植物園の木々も緑が早くなりそうです。



先日、街で見かけた 変わった物を紹介します。

a0086828_23541428.jpg



a0086828_23543978.jpg



a0086828_23563637.jpg


3枚目は 去年の夏に写したものです。

落書きだらけで きれいな箇所を撮るのに苦労しました。

これ、ランプのように見えますが 変圧キオスクと言わる 小さな塔。

この下はマンホールになって 昔はここで電圧を家庭用に変えていたそうです。

上の二つは説明が無かったですが 下のは 1912年のモデルだそうです。

勿論、今は使われていません。

(875)

by weierud | 2013-05-10 00:04 | Oslo | Comments(10)
Commented by londonsmile at 2013-05-10 01:39
貴重なものが見られて嬉しいです。ありがとうございます!
そんな実用的なものも、昔はこんな風にきれいに装飾していたなんて優雅ですねぇ。
そんなすてきなものに落書きしちゃうなんて悲しいなあ。
オスローで落書きをたくさん見た記憶はないのですが、加代子さんは多いとお感じになりますか?
ロンドンは大都市のわりに意外と少ない気がします。
Commented by 加代子 at 2013-05-10 02:15 x

  londonsmileさん~☆

昔と言っても ほんの100年前、そんなに古くはないのに
今とは違うので 本当に驚きます。
中心の目抜き通りは 落書きは少ないと思うのですが
場末の?借家のあたりは 多いです。
ジュネーヴよりは多いのではないかと?
由緒ありそうな綺麗な建物の一階の壁に
落書きが多くて がっくりします。
Commented by ぐらっぱ亭 at 2013-05-10 07:06 x
国民の美的センスの問題なんでしょうけど、羨ましいですね、いちいち。何せこちらは国宝級の橋の上に高速道路をかけちゃうような国だから、まったく対照的。嘆かわしいこと、この上なし。
Commented by siratamasira at 2013-05-10 07:29
こんにちは、落書きってどこにでもあるんですね 雰囲気のあるすてき
な塔 今の街にも似合ってますね^^°
Commented by 加代子 at 2013-05-10 14:54 x

  ぐらっぱ亭さん~☆

そうですね・・・北欧の人はデザイン性に優れているのかも?
でもこれが 益々落書きだらけになったら 取り払って
しまうのではないかと心配です。
Commented by 加代子 at 2013-05-10 14:58 x

  siratamasira さん~☆

ヨーロッパの旧市街や古い町に行くと 昔の街路灯などが残って
とても雰囲気があるのですが オスロはきれいな旧市街はないです。
落書きはどうにかならないかといつも思います。
昔は全然なかったのにねェ・・・・
Commented by タマヤン at 2013-05-10 16:06 x
こんにちは
こちらも先ほどから雨が降り始めました
先日植えた夏野菜の苗にはいい雨のようです

電柱が見当たらないがオスロの電線は地中化してるのかな?
こちらなら電柱の上に無粋なトランスが乗ってますが綺麗です♪
若者の落書きは困ったものですね(;一_一)
Commented by 加代子 at 2013-05-10 17:21 x

  タマヤンさん~☆

今日はお天気になりました。
窓から見える植物園の緑が増えました。
もう夏野菜の苗を植えたのですね。
雨の前で丁度良かったですね。

街中は 電車の電線だけです。
昔から電線は地中だったようですね。
でも郊外は電柱が沢山ありますよ。
落書きは綺麗なアートならまだしも
意味不明な文字とか絵はイライラします。
Commented by quatrevingtjours at 2013-05-10 20:14
こんばんは。もう少しすれば新緑の綺麗な季節になりそうですね!!
変圧キオスク!?面白いです〜(笑)
でもこんな可愛らしい形をしているなら、
たとえもう使われていなくても、観賞用として行けますね^^
晴れているとすばらしい空の色なのですね!!!
Commented by 加代子 at 2013-05-10 23:39 x

  quatrevingtjoursさん~☆

もうだいぶ緑が出て来ました。
ピンクの花もちょっと見えてるから もしかして桜?
私は昔のランプかと思っていました。
落書きがなければいいのですが この台座には
本当に一杯で 写真に撮れませんでした。


<< フログネルの蚤の市 もう一度 >>