Christ' College


コレッジの紹介ばかりで 少々飽きてきたので これが最後です(笑)

Christ' College は 1505年、マーガレット・ボーフォートによって 再設立。

それで門の飾りは St.John's College と 殆ど同じです。



a0086828_4342575.jpg



a0086828_4462342.jpg



a0086828_447133.jpg



a0086828_449618.jpg


裏側から


a0086828_4521610.jpg


中庭も広いですが ここは 入って良いそうです。


a0086828_45867.jpg


庭の周りには 散歩道がぐるりと 囲んでいて 古~い 大きな木も。


a0086828_4543367.jpg


もう少し写真を入れてますので More を クリックして下さい。




a0086828_534530.jpg


食堂も ちょっと覗いて来ました。

ここも閉まっていたので 入り口から 本当に覗き見 (笑)


a0086828_55445.jpg



a0086828_562463.jpg



a0086828_57739.jpg


ステンドグラスが とっても素敵 ♪

中に入って きっちり撮れず 本当に残念でした。

[PR]
by weierud | 2009-10-06 05:29 | Cambridge | Comments(22)
Commented by きなこ at 2009-10-06 06:05 x
たくさんコレッジを見て回られたのですね~~(*^_^*)
どれも本当に伝統を感じる建物。
それに、どこも芝生の緑がきれいですね~。
そう言えば、ロンドンは冬でも青い芝生が印象的でした。
Commented at 2009-10-06 06:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Hapiness-forever at 2009-10-06 08:27
木・・・・でかっ!!
岩に見えます

ハリーポッターの映画でしか見られないような
風景・建物がいくつもいくつもあるのですね
歴史の重みを感じます
いつも言ってますが
行って本物を見てみたいです
Commented by loccitane39 at 2009-10-06 09:18
↑そうですよ!
加代子さんは、、こんな景色が日常でしょうけど・・
私達にはどれも「へぇ~。。。。。。。」の世界なのですよ!
だから、、飽きない飽きない・・もっともっと!です~笑
それから、、、、加代子さんダイエットの必要なし!!です。。
Commented by Yoko at 2009-10-06 15:00 x
加代子さん、こんにちは。コレッジには特徴がそれぞれあっておもしろいですね!中に入れなくて残念とのことですが加代子さんが工夫して撮られた写真で十分に楽しませていただいています♪紋章に興味があるのですが知識がないのでもっと意味がわかると歴史が感じられていいのになあと残念です。さすがに赤薔薇だけはあ、ランカスター家のとわかりましたがいつもヨーク家とどっちが赤だっけと迷うレベルです(笑)
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:00 x

  きなこさん~☆

コレッジは 沢山見て来ました。
もう少し紹介したかったのですが・・・(笑)
本当に芝生が綺麗でした。
英国はジュネーヴ周辺より日差しが柔らかいし
雨が多いせいでしょうね。
コレッジの庭は庭師さんが きちんと整備なさってました。
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:04 x

  鍵コメさん~☆

そちらからは オックスフォードの方が近いですが
ぜひケンブリッジにも いらして下さい。
有難うございます。
木の大きさが分かって貰えるように ずうずうしく?登場しました(笑)
もう還暦を越えましたから 年寄りの冷や水にならないよう気をつけてます。
こちらこそ よろしくお願いいたします。
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:09 x

  ハピネスさん~☆

散歩道に色々な木や植物が植わっていて 気持ちが良かったです。
何百年か経ってる木なんでしょうねェ。

大小の違いはありますが ハリーポッター風の食堂が多いです。
セント・キャサリンが 無味乾燥で現代的だったのが残念。
いつかいらして下さい。
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:16 x

  ぶんぶんさん~☆

フランスの田舎に住んでるので こんな古い重厚な建物は皆無です。
ケンブリッジに行くと 歴史的建造物が多いので いつもワクワク♪
カメラが離せません(笑)

体重を落とすのに 食事は減らした事はありません。
1キロ強、多過ぎなんですが 見た目は変わらなくても
歳ですから お腹周りとか 腕、背中に脂肪が・・・・
減らなければ 週一回の水泳を2回に増やそうかと思っています。
Commented by non at 2009-10-06 15:37 x
本当に素敵なステンドグラスですね~

今 英国人の先生に英語を習っているし
アガサ・クリスティに はまっているし
マイ英国モードなので
加代子さんの英国の画像は とても うれしいです。
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:46 x

  Yokoさん~☆

大きなコレッジは入場料を払えば どこでも入れるのですが
小さな所は 閉まってる所が多いです。
最も学期が始まってなかったので 中には入りやすかったです。
私も歴史や紋章に興味はありますが 根気ナシなので
色々調べるまでにはいきません・・・・
ヨークの白薔薇は 憶えてましたが(笑)
Commented by 加代子 at 2009-10-06 15:53 x

  nonさん~☆

そうでしょう、中に入って じっくり見たかったです。

長女のピアノの先生(日本人)がクリスティ・ファンだったので
25年ほど前 お借りして沢山読みました。
英語は 次女の買ったのがあるのですが いつかは!と思うだけで
なかなか読めません(笑)
最近ので ケンブリッジを舞台にしたミステリーがあるそうですが
次女が あまり面白くなかったと言うので 買いませんでした。
習った英語で イギリスにもどうぞ。
Commented by ann at 2009-10-06 16:28 x
素敵な写真をたくさん拝見さsていただけて、居ながらにして旅をさせてもらえました。とても豊かな気持ちなったのはやはり建物の重厚観のせいですね。そして加代子さんにもお目にかかれたような嬉しい気持ちでした。
Commented by siratamasira at 2009-10-06 16:43
こんにちは、とてもどど~んとした大きな木ですね。
この木 何の木 気になる木、とはこのことですね、
気になって 気が木じゃありません。ふざけてません。
本気です。♪^^ いつも素敵で有難うございます。
Commented by 加代子 at 2009-10-06 17:06 x

  annさん~☆

同じようなコレッジの写真でして・・・・
もっとゆっくり 中まで入って写真が撮れれば良かったのですが
一人じゃないので やっぱり遠慮してしまいます。
白髪のおば~さんで 申し訳ないです(笑)
Commented by 加代子 at 2009-10-06 17:08 x

  siratamasiraさん~☆

ほんと、何の木だったのでしょうか?
こちらの植物園は 名前のプレート付きが多いのですが
ここのコレッジでは気が付きませんでした。
最も ラテンの学名で記載されてたら 分かりませんが ^^;
Commented by タマヤン at 2009-10-06 18:59 x
加代子さんがまさに中へ入ろうとしてますね
この時はワクワクしてるのでしょう♪
お嬢さんの撮影ですな?
3枚目のジーンズ姿のお嬢さんや大木と加代子さんも入ってるし
楽しい訪問だったようですね(*^_^*)
あちこちでいろんなステンドグラスを見せていただきましたが・・・
それぞれが魅力的で心に残りました(^^♪
↓中秋の名月は忘れてましたが
 加代子さんの撮影はとても個性的で好きです♪


Commented by 加代子 at 2009-10-06 21:51 x

  タマヤンさん~☆

仰るように 初めての所だから ワクワクしました。
次女は私の前に入ったし あまり写真を撮らないのよ。
主人が 反対側の道から写しました。
次女は何度も来てるのでしょうし 写真も撮らないから
訪問は 本当に短時間です。

有難うございます、お月様の輪郭が もっとはっきりしてたら
良かったのに残念です。
飛行機雲が 消えずに残っていて面白い空でした。
Commented by Mrs.Y at 2009-10-06 22:32 x
加代子さん

マーガレット・ボーフォードの「落とし格子」の紋章はハンプトン・コートでもたくさん見られますよ!しかもアン・ブーリンとヘンリー8世のイニシャルと一緒に、、、。ランカスターの赤い薔薇ですね。たしかキングス・コレッジは赤と白のチュウダーロースでしたよね?
Commented by 加代子 at 2009-10-06 23:15 x

  Mrs.Yさん~☆

ハンプトン・コートには行った事がないです・・・・
例の如く 幽霊が出没するとのことですが(笑)
「落とし格子」の紋章って不気味なんですが 謂れがあるのでしょうね?
キングス・コレッジは両方のチューダーローズですよね。
彼方此方に薔薇のレリーフがありました。
英国と言えば薔薇(フランスは百合)ってイメージだけあります。
Commented by mama at 2009-10-07 21:46 x
加代子さん こんばんわ
木の精みたいで素敵です  ちっとも違和感がなく溶け込んでいますよ

これが 写真だ!! というような気がします 
Commented by 加代子 at 2009-10-08 02:30 x

  mamaさん~☆

有難うございます ^^
どちらも 年老いていますから 違和感ないのかも ^^;
古い木は 木の[気]を頂けるようで 嬉しいです。


<< The Corpus Clock Downing College >>